2019年2月23日 (土)

いい音!最高

新しいアルバムへの取り組みとして、自分が掲げたスローガン。

「やりたいことをやってみよう、自分。」
もちろん、それを可能にするには、様々な条件をクリアしなくてはなりませんが、、
コンセプトを理解していただき、そして、トライする自分を押してくださる環境に恵まれること、、
まだ始まったばかりですが、この3日間の充実した日々。
いい音を録っていただきました。

歌いながら、弾きながら、、同時録音。
5年前よりは進歩したかな自分。

信頼のエンジニア、サウンドプロデューサーである高田氏に提案された、録音におけるマリンバへのアプローチ、、
こんな音が生まれる、、
こんな奇跡が生まれる、、
録音の美に、涙腺がまた弱くなる自分でした。
Img_7773_2

2019年2月16日 (土)

儀式

レコーディングの前に、必ずそれは儀式のように、曲ごとにマレットを巻きなおします。

いや、儀式なんてことでもないのですが、曲のイメージにそって、世界に一つだけの音色になれ、と念じて
・‥…━━━☆・‥…━━━☆

マリンバを始めた18歳当時に買ったマレットなどは、今の時代のものより程よい湿り気があるようで、それはもうボロボロになった毛糸を何度もほどき、巻きなおしては使うくらい気に入ったものもあります。
Img_7710
微妙に異なる、それが「音イロ」
マレットのことを話していい、というワークショップがあったら、楽しそうです。
糸加減、巻き力加減、取っ手の柄の種類、毛糸の種類、芯の話、糸どめのこと、、
と言っても、このマレット巻きは自己流でもあり、自分のために自分で作るだけのこと。
1曲ごとに、微細なるその音色が広がることは、たとえそれが自分にしかわからないレベルであっても、作品として世にでるとき、こっそり、ニヤリっとできる自分でいたい、、と。

ふーっ!
ちょっと休憩ですcafecake
Img_7709

2019年2月11日 (月)

体づくり、音作り!

本日から、以下のウェブアクセスにて、先行ご予約が開始されました。
私、新谷祥子は春のデュエットシリーズのトップバッターです。
うー、この顔ぶれ、、その道の達人ばかり、、、


ここに並べていただく私は、無名なるマリンバ弾きですが、、、ここに選んでいただく、これを光栄、いや誇りとせんで、なんとする。
このライブではマリンバばかりでなく、パーカッションも多数並べます。
おそらく、最近では自分の持ち込み楽器数が一番多くなるライブです。
ということで、もっちろん、体力作りは始まっています。
昨年からの対策が効いているのか、いつもならこの時期にやってくる花粉症状も全くない、、
けど、、、さて、、どうなることやら、、、


ライブの前には、ハードなハードなレコーディング、、、
それを乗り越えて春がやってくる、、このライブ会場で晴れ晴れしく演奏したいと思っております。みなさま、新谷応援よろしくお願いします!!!

まだこのデュエットシリーズ、新谷のチャボさんとの共演未体験という方には、ぜひご参加お待ちしておりますよ〜〜〜〜❤️
Img_7691
先行ご予約をオススメします!!!

《UP&Down.com WEB Ticket 先着先行》
受付期間:2月11日(月)10:00 ~ 2月14日(木)18:00
UP&Down.com WEB Ticket  http://up-down.com/t/25pre


2019年2月 7日 (木)

正式に!!

これまで、ビジターとして参加しておりました、青森ねぶた囃子方。

今年より、正式に会員として迎えていただき、春より稽古に通います。
と言っても、東京から青森ですので、毎回は無理すぎますゆえ、東京での仕事のペースを見つつ、可能な範囲でのこと。
基本からじっくり学びつつです。
3月、早く来い来い。
レコーディング準備の空いた時間には、鉦をとりあえず磨く時間。
なんでしょうか、この新鮮な気持ち。heart04happy01
やるからには、これまでより、一層腕を上げたい!
受け入れてくださった囃子方、ねぶた団体様へ、感謝!!!!
Img_7641_2

2019年2月 4日 (月)

立春暖日

窓を開けて、いい気を入れて、新しいマグカップで珈琲タイムです。
風もない、穏やかな午後。

645787e054b64d7f8027788c68bf4bd3

有田焼の源右衛門窯珈琲カップ。
一昨年に青森県文化賞を受賞したお祝いにと、長年お世話になっている方からいただきました。

7511eeda3ca4482bad9381665333e205

伊万里の絵付け、美しい!
いよいよ、新しいアルバム選曲固まった今、やることは山積み。
しかし、見えてきたコンセプトに向かって、以前より迷いはなし。
作りたいものを作る姿勢で、頑張り過ぎないで。

2019年2月 3日 (日)

お待たせしました。

春のライブ

曼荼羅25周年記念。祝
ここでは仲井戸CHABO麗市氏とのデュエット5年目!
南青山MANDALA 25thAnniversary Special Duet GIG! 
仲井戸"CHABO"麗市×新谷祥子
2019年4月6日(土)開場16:00/開演17:00
2019年4月7日(日)開場15:00/開演16:00

是非お出かけくださいますよう。
まずはこのブログでのお知らせからです。
チケット発売は2月16日より。
お待ちしております。

25

2019年2月 1日 (金)

防寒は足から

練習室には必須アイテム。
これは数年前にいただいた室内用。ダントツ一位の優れもの。
足の冷えには用心用心。
ブログを訪れてくださる皆様も暖かくしてお過ごしください。
ここのところ、はちみつレモンを眠る前にゆっくり体に流し込みます。
レモンは厚切り3枚、はちみつは量を控えめ、というのがコツです。胃に優しいけれど摂りすぎますと、負担にもなります。あ、私の場合です。
snowhappy01
Img_7634

2019年1月31日 (木)

ミーティングは大事!

レコーディング、サウンドプロデューサーとの打ち合わせ。

様々なご指摘、提案をいただきました。
さあ、、いろんなことが少しづつ、、、
音制作のプロと話す時間の有意義なこと、、
演奏とは異なる視点から、新谷マリンバを新谷ソングスを客観的に捉えてのアドヴァイスをいただく。
貴重な時間、、ミーティングは必須。
ここからもうレコーディングの扉が開き始めています。
早速、今夜から曲の見直しです。

さて、、
息子のいるアメリカ北部が大寒波。
今日まで大学も閉鎖とのこと。スマホで天気や温度を頻繁にチェックするようになりました。
あ、ここも少し雪、、、

2019年1月24日 (木)

いよいよ始まります

今年は、自作の詞曲でアルバムを作ります!

っと、宣言!
約5年ぶりとなりますが、レコーディングへのカウントダウン、、
フレームが出来上がっているけれど、自作で並べるときは選曲を迷いすぎて、そこに長い時間がかかっていました。
歌詞の見直しも、リズムの使い方も、、これまでの経験が何かちょっとでも新しい扉に繋がっているように。
進行状況もここに記すことで、迷いも溶けて、一つ一つ決断していけそうです。
そんな思いで、レコーディングへの準備を記していこうと思います。

今日は、歌詞の譜面わりです。五線紙にではなく、マス目に入れることで言葉の切れ目などを認識する作業です。
でもこれを書いたからと言って、この通りには歌いません。微妙な差異が生ずるけれど、そこは生き物ということで、自由な部分です。
言葉の配置がどうしても曖昧になりがちなライブとは違って、録音では残す作品となるため、このセリフわりは重要な作業です。
さ、頑張ろう!!!
Img_7603_2

2019年1月21日 (月)

知る愉しみ

古伊万里展に出かけました。

いつもギリギリ最終日に飛び込んでいますが、都心の会場よりずっと静かで、混雑もない八王子夢美術館にてじっくり堪能。

最近、陶器、磁器についても知る機会を作っています。
伯母の髙田雨草からは焼き物の産地や名将のことを、チラチラと会話に聞いていたけど、
若かった自分には関心が薄かった、、、ちょっと悔しい。
今は、日本の美の様式について、貪欲なまでに知りたいことばかり。
伯母から受け継いでいる食器、有田焼、伊万里、、
写真は私が普段使いをしているものばかりですが、作品として飾りたいものは、画廊でいつか飾ってみようと思っています。
Img_7592_2
こちらは、どこまでが伊万里焼なのか、わかりませんが、 粋な祝膳様の小皿は愛らしく、眺める楽しさがあります。
絵筆一つが作る柄や形の繊細な美。
Img_7593_2

2019年1月17日 (木)

バス停にて

心のどこかに、こうでなくてはならない、といった理想郷を作ってしまうのが人間の悲しさかもしれない、、、

こうであってもいいし、こうでなくてもいい、その両方を受け入れられるしなやかさを持って生きられたら、、、な。
エッセイ、詩集、対談集、音楽本、寝室に積み上がっている本を、ゆっくり紐解いています。
外出の時に持ち歩く本を迷って選んでいるのに、電車ではやっぱり車窓を眺めている方が、気分も和らぎます。

今日は息子を空港で見送って、最寄駅のバス停に着くと、冬の空にはちょっと奇抜なくらいの夕日の色、、
眩しさを浴びて、静かな部屋に戻る前に、、、
Img_7568_2

2019年1月16日 (水)

成人式!!!

我が家にも新成人。

早20年。大きな節目、やはり心のどこかに、安堵感はあります。
ちょっとだけ、自分にも言いたい。
「おつかれさま、、、まあ、まあ、でござんす。特別なことは何もないけど、ありがたいことだと思って、ちょっと一息つきなされ」
いやいや、そんな悠長なこともまだまだ言えませんが。笑
Img_7520_2
祝いの席に選んだうかい竹亭の繭玉飾り。
Img_7518柊のお皿がとても可愛い、、祝いの前菜。
Img_7524
正月の花飾りも見事ですが、この小座布団。柄の配色にうっとり。
うかい竹亭は、伯母の傘寿祝い以来でしたが、季節ごとに変化する高尾山の樹木の色を背景に、静けさにスーッと心も落ち着く場所です。
さあ、一月も矢の如く日々巡る巡る、、、
いよいよ、始動する自分の仕事。
この冬は精神的にも安らかに、ゆっくり過ごせたこと、、なんだかとても久々に感じています。

2019年1月 4日 (金)

正月飾り展より

かつて「正月飾り展」を開催していた伯母の作品です。
その1
エントランスの飾り。
長く眠っていた画廊に風を吹き込み再スタートした昨年。
これからも、短い期間であったとしても企画展や異色のコラボを実現させていきます。
できることを、少しづつ、決して欲張らずに、爽やかな気分で継続できることが大事かなと思っております。
これからも当館をよろしくおねがいいたします。
Img_7430

2019年1月 2日 (水)

2019始まり

Img_7425

新年のお慶びを申し上げます。

ブログに立ち寄ってくださり、ありがとうございます。
この窓辺のマリンバ、毎日ということではないとしても、書き綴っていることは楽しく、そして時々感想をいただくこともあり、また、自身の気持ちを整理することが案外、精神的な安定をくれるのだとわかり、、これからも続けていきます。
どうぞ、ふらっと、、またよろしくお願いいたします。


さて、私は久々に東京で過ごす正月。
元旦より原稿書きですが、ゆっくりと過ぎる時間に感謝して、2019の始まりとなりました。
周りにはおせち料理を得意とする友人が多いのですが、育った地域、家庭によって随分と異なる伝承がこのおせち料理でしょうね。
私は母の味を懐かしく思うことはもちろんですが、母のようにはなかなかいかないので、、
もっぱらアレンジ、自己流です。

ということで毎年、異なる一品を試みます。
ドライブ先で新鮮なパクチーを見つけたので、パクチー茶碗蒸しにしてみました。
鶏肉を西洋出汁で味付けし、たっぷりメインに。他具材は自由。中華風も和風もまぜまぜ。
薄く切った椎茸をたっぷり入れました。パクチーは香りが強いので、ほんのわずかでも十分ですが、卵と煮込む茶碗蒸しでは、食感がしっとり、、舌触りが新感覚!

ご飯がすすむ松前漬けには京人参を混ぜてみたら、味が柔らかです。かずのこはあまり得意な食材でないため(食べ慣れていないため、、)、あらかじめ薄味付けのものを用意し混ぜてみました。ご飯とこれだけでなかなかいけます。

あ、自分で自分を褒めてますね、、、ま、お正月ゆえお許しください。笑
じゃ、ついでに、、もひとつだけ。
かぶは万能野菜、かぶとサーモンでマリネ、相性抜群。

で、もう一つの発見。
蓮根は一度煮物として下ごしらえしてから、冷まし、トロッと蜂蜜で鍋でうっすらと混ぜる、、味が飽きませんし蓮根の味が逃げません。サクッと歯ざわりもとろけます。
初日の夕暮れミニおせち。
定番のエビとか伊達巻とかは、おやすみ。
Img_7426_2

2018年12月29日 (土)

ひんやり皮膚の記憶

たった一泊の帰省というのは、最近にしては珍しい。

どうしても参列したい供養に、、
車を借りず、歩く雪道。朝には凍っている道をゆっくり。
頬に打ち付ける薄く痛い風の皮膚感覚。朝の通学路の思い出と重なる。
Img_7410_2花立は雪で隠されて、雪花立となる。
昨年は雪が深くて、この場所まで辿り着けなかったので、今回は上出来!
私の両親が眠るお墓は町中にあるけれど、二人の伯母が眠るこの永代墓は木々に囲まれた坂道の上に。
遠くには山々の稜線、、、

お墓参りなんかいちいちしなくてよし、そんな時間があったら子育て時間をしっかりせよ、、
と書いていた伯母の私へのメモノートも遺されているけど、私は私で自分の気持ちに正直に行動することに決めていて、、だから、行きたいとこへ、やり遂げたいことはやり、会いたくなったら会いにいく、、で良いような。ふつふつと、、そんな今。

その子育てと伯母が示した私の息子は、、20歳。
早いもんだ、、、あれま、、、あれま、、、と、

ひんやりの朝の空気も、お墓参りでほんわかです。
この写真の夕方からは猛吹雪。
東京に戻ったら、コートもいらない穏やかさ、、
冬の列島の旅。

2018年12月24日 (月)

花屋に行く日

0c81f9311ef94c4eb7b0577d4a677be5

merry Christmas !


2018年12月20日 (木)

朝活なり。

毎年呼んでいただく小学校での2回のワークショップとコンサートを終えました。

要望に答えて、打楽器を思う存分楽しんでいただくプログラム。
南には大きな太陽、北には奥多摩の山々の稜線が美しい音楽室。
朝活演奏!

久々のレパートリーを見直して、、そして、、かつてのアレンジをリアレンジするという新しい踏み出し、まだまだ固まってなんかいられません。

そうそう、NHKTVのチコちゃんに叱られる!で知ったこと。
なぜ、音楽室には作曲家の肖像画があるのか、、、。
この理由を知ったら、いつも訪問する音楽室の風景がちょっと変化して見えました。
そしてゆっくり眺めましたら、それぞれの作曲家の表情、味わい深いですね。

なにかと朝活は爽快なり。
Img_7384
今回、こちらの小学校では三年生、四年生クラスでした。
カリンバの演奏も”
Img_7382

2018年12月17日 (月)

地域コミュニティ

クリスマス会です。
楽しい…
地域コミュニティ、やはり大切なつながり。
みんなが、何かできることを持ち寄る。
それをできる窓を開く、窓を開ける鍵を渡し合う。
自分はできているだろうか?

B16b1adb1baf4e36ab9b0219cf5f5f6e_2

前より小さくなった新しい車にピチッと楽器積み込んだら、なんだか気持ち晴れやかな午後でした。

398ad3f482b74c54a42e9d30de0c5e25


2018年12月15日 (土)

風のきらめき、、、

1994年の演奏が録音されました。

松永加也子リサイタルで共演させていただいた、松永通温氏の「風のきらめき」
打楽器とチェレスタ。津田ホール

随分前の録音ですね。でもこうして記録されていることの喜び。
現代音楽というジャンルになるでしょうが、清らかなチャレスタの香りする音と交じり、打楽器の音が粒と時間の輪郭を奏でている、、、
今なら、また新しい取り組みかたもできそうな楽曲です。

CDは昨夜届いて、こうして真っ先に自分の音を探って聴くのはちょっとばかし慎ましき気持ちにもなりますが、当時の音の再現、今それを聴く日が来るのは驚きであり、遭遇の楽しみでもあります。

1994年、、、母との別れ、、、自分を奮い立たせよと強行したリサイタル。
この演奏は2月、母は6月に逝き、しばらくは心身ともに歩みが止まったような自分の日々、、
この曲名が「風のきらめき」であることにハッとさせられました。

今、どのあたりの風に吹かれているかな、、
一つの音が運んできた、過ぎ去った記憶の扉がある。
それは、今、温かい風になって吹いてきて、、、
ようやく、、
時よ、ここに、、
Img_7329_2

2018年12月 3日 (月)

秋のご馳走

この秋も、様々なご馳走をいただきました。

ひとさまに用意していただく手料理のありがたさは常々身にしみて幸せと感じ入ることですが、この秋に心尽くしのランチは、故郷の福祉施設で演奏前にいただいたランチです。

秋、青森では食用菊をいただくのが常。それを阿房宮という歴史的な名前があることを知ったのは最近ですが、このランチでは筍チラシ寿司と共に、様々な味付けで食用菊をいただきました。幼少期から知るこの味。
嬉しくて色とりどり、たくさんいただきました。
Img_7114
そして、自分弁当も継続しています。毎日作るわけではないのですが、大学の講義やレッスンの間の40分休憩にいただくものは、胃に優しいものを心がけています。
中身の写真はないのですけど、、、友人のお手製のミニトートバックが気に入って、それを愛用しています。コーヒーの代わりに枇杷茶。
精神的なやすらぎの、わずかな時間でも、、、
こういう時間が身体的にも大切になってきました。おとしごろ、、、ですね。heart01
Img_7255

2018年11月26日 (月)

シルクモヘア

1c4e9d05e391417bb4079cae12a8207f

シルクモヘアで巻いてみました。
芯の強さを残しながら、ふわっとした最初のタッチがクッションになりますように…
広い会場、子どもたちの耳にクリアに聴こえるように。

2018年11月25日 (日)

寺山修司展

Img_7233_2

寺山修司の孤独、そして人としての優しさを感じる展示

どんなアングルで寺山修司を伝えるのか、は寺山修司とどう向き合ったか、ということで大きな差が生まれるように思います。
長年沈黙にいたと言われる田中未知氏が自身で保管し、管理していたものが中心であるならば、やはり今回の展示を見逃すわけにはいきませんでした。
作詞家とばかり思っていたけど、随分前に読んだ田中未知書簡からは秘書であり、仕事のパートナーとして信頼関係の深さは誰よりも強かったのではないだろうかと察します。

今日の展示、
「田園に死す」の箱書きをみるなんて、想定外でしたし、また仕事のために幼い息子を親戚に預けて九州に働きに出た母親へ、寺山少年が綴った手紙、、それは胸を打ちます。
「母」を作品の愛憎眼点とする驚くような文筆にも、この少年の手紙を読めば、孤独の深淵が産んだものをまざまざと見せつけられる思いでもあります。

Img_7235

2018年11月22日 (木)

東山魁夷展

伯母の水墨画館で、これから様々な窓を開いていこう、さて、それは可能なのか、、思案めぐらすことも多くなりました。伯母が好きだった東山魁夷の絵。

いつの日か、、関連した内容に結びつけることはできないだろうか、、髙田雨草の選んだ東山魁夷の額絵、その資料から考え始めています。

そして本日、、仕事を終えてテクテク、、
国立新美術館での東山魁夷展、圧巻です。
館内には待ち時間0分ですが、展示室は相当賑わっています。
なかなか、静かに鑑賞することが叶わない東京ですが、それでも、絵画の奥深さに立ち止まってしまう、、、
屏風絵の前で体が震えました。
水の色、水ぎわ漣、、、人の為す技なのだろうか、、
言葉がありません、、、
もう一度、行きたい展覧会です。
Img_7217
夕刻の照明が美しい国立新美術館でした。
Img_7219

2018年11月18日 (日)

儚さゆえ、、

まったくもって便利な時代。

読みたい論文などは、ネットから簡単にアクセスしてプリントが可能。
先日関西の国会図書館を訪問するチャンスがあったけど、多くの資料がそこに保管されていると知っても、ネットの簡単検索は問題外として、個人が時間をかけて練りだして論集とした汗の紙面をこうも簡単にネット上で探し、読める、印刷し得る、、、
これでいいのかな、と思いながらも必要な書類を家の机の上で用意できたということだけで、
不思議な充足感もある。人間て勝手。

でも本当に欲しいものは購入します。
打楽器関連ルーツに関するものは見つければ必ず、そして、リズムの優れた研究本は必ず購入しているので、打楽器専門書ラックは青森と東京に分けて置いています。東京の小さな空間には本の置き場所がなくなっているのですが、青森に置いている古い資料を読みたくなる時は、ちょっと不便。でも仕方ありません。

最近はマリンバとマラカスの歴史を紐解く貴重な文献と出会いました。
フィールドワークはなかなかに資金もかかるため、最近はあまり遠出はできませんが、現地で暮らした研究者の文献は貴重すぎる資料です。
私は基本は全て演奏や創作への起動、という意味でこれらを学びます。学術研究としての余裕があればそれはそれで発表物になる喜びもありますが、どうやらそこまでの忍耐と技術をもっていない、、ならば、やはり創作への伴侶として自分の横に置きたい資料の山。

その一つに、舞台演出の裏側を知る、という関心も大きな位置づけ。
かつてエジンバラで観た日本の演劇に感動し、帰国後はその舞台美術の朝倉摂氏の著書から離れられない時間がありました。実際に朝倉摂氏とあるパーティでご一緒できて、その時の感動を伝えることができました。嬉しいことに、その巨大で大量の襤褸布で作った見事な美術について、ワイングラスを持ちながら私に少し会話を向けてくれました。

70年代にはロックンロール、クイーンが世界を席巻していた頃、私は中高生時代。
吹奏楽の先輩からその存在を知らされていたけど、実際に耳にするチャンス、目にするチャンスなどはずっとあとから。
そして、ここにきて、「ボヘミアンラプソディ」の映画である。
観た人はそれぞれの感想で、きっと蘇った名曲を聴いている、に違いないけど、私自身も高校時代に触れたクイーンのビート、あの声の響き、あ、これのことだったのか、、と好きを認識できるまで随分な時間がたったけど、、、

そして、そのクイーンのことに関する本。読みもって面白くできている。
著者がフレディ マーキュリーのローディ、だから買いました!!
クイーンの研究者ではなく楽器や舞台演出や総じて裏側を全て仕切った肉体労働の音楽プロフェッショナルの買いた本。

ここにはその筆が、おそらく真実と愛憎と「愛」「懐古」で埋められていたとしても、それでも、そこは専門の目線、王冠をかぶったヒーローの音楽制作の心理を肌で感じたプロの秘密の言葉隠されているのでは、、
懐古どころか、舞台の1秒のスリリングなどが記されている本。
美への追求者。
そのたった1行の歌詞が、こちらの心にドンと置かれて消えようとしない、その重みある歌詞が、どうやってその創造者に生まれ降りたのか、、
貪欲に探りたくなる、、

それは敬愛するミュージシャンと共演する時、常に私に降りかかる、、、
その美しい儚い言葉は、、どうしてあなたに降りかかったのか、、
それを探ろうとする私はなんなのか、、、

Img_7205_2

2018年11月16日 (金)

秋の花

窓越しに朝の光を浴びて、、

大家さんがくださった菊花展に飾られた花。
ボンボリは子どもの頃、近所あちこちに咲いていたな、、、
Img_7181

最近、ミュージシャンの訃報も多く、、残念。
もう一度聴きたかったなと思うピアニストの佐山氏、、
学食で一度一緒にご飯を食べたことありました。それからこっそり、ジャズの歴史講座(大学講義)に学生に混じって忍び込み、授業聴講。これはとても面白くって、こんな贅沢な授業を受けているのか、学生は幸せね、、って思ったけど、突っ伏して寝込んでいる学生とか、、
おいおい、、勿体無いじゃないの、、、
私はのめり込んだ授業でしたけど、ジャズが身近に感じるような導きをされていました。
安らかに、、、合掌、、、

2018年11月14日 (水)

river

ジョニ ミッチェルのCDは以前にもブログに書いていますが、今日はとっても聴きたい気分で、特に好きな「River」を何度も、、、

先日はクイーンの映画、ボヘミアンラプソディに酔いましたが、、、
ここからは新谷の感じるまま、、
クイーンの楽曲は短編小説で爽快、しかし寂寥のロック!
そしてジョニ ミッチェルのギターで歌う1曲1曲は完結した野外劇。
絵画というよりは動く芝居のよう、、

長い詩、自然の川の流れのように滞りなく、いつもそこに流れる、、
今日も明日も、、
叙事詩という人もいますが、私は芝居の語り手が、客席を超えて、ずっとはるか向こう、誰かへ、遠くにいる人へ目で追いかけながら、姿は見えない空間へ、呟いているようにも感じます。

あなたの川へ、
私の川は自然に流れる、、、
そんな風に、歌を作っていきたいなあ、、こんなちっぽけな私も、、歌を書いている今日も。
Img_7174_2

2018年11月10日 (土)

ナイスっ!

5850d24ba6bd4c0caf3de131593484b1

教え子たちが私のロゴをケーキに🎂
最近はひっそりと迎え受く誕生日も、やはり嬉しいサプライズ、はしゃいでしまいます!
11月10日。
晴れポカポカ☀️

2018年11月 8日 (木)

充実のワークショップ

http://www.meishouhoikuen.jp/blog/blog2-1.html

画廊でのワークショップ。
クラフト、音、絵本のオノマトペ、、
上記、七戸町明照保育園のブログ(2018・11・6)の記録を読んでいただくと、その様子が伝わります。
幼児から大人まで、、これから可能な限り、内容に沿った専門家もお迎えしつつ、人と人のふれあい時間、文化楽しみ時間を広げられたら、、、そんな夢膨らませてくれる一日でした。
こうして明照保育園さんとの繋がりが生まれていること、子どもたちはもう私の名前をよく知ってくれて、玄関に入ると即刻
「あらやしょうこさん、おはようございます」
フルネームで呼びかけてくれます。可愛い、、嬉しい。。
どんどんこちらにも学びの種を巻いてくれる子どもの力は素晴らしい!!!

りんごの唄

出迎えてくれたその施設では、私の尊敬する姉のような薫さんが、施設長として働いていらっしゃる。

お父様は郷土史家、102歳で長身の紳士です。
2年前に我が祖先のことを探りたく、史家のその盛田氏に江戸末期からの新谷家(旧性 岩木屋は酒造業の歴史もあった商人)の歴史などの資料を見せていただき、それを大切にしています。ほとんどが借金や土地の譲渡などに関わる証明文書なのですが、、、

祖先のあゆみ、苦難の時代も発展の軌跡も、全てが絡んでここに線が残されている。
歴史を調べる膨大な作業に感謝を覚えました。

まずは、このご親切な教示にお礼演奏がしたくて、ようやく訪問が叶いました。
45分の予定で組んだ選曲が終わっても、みなさま会場から離れません。
お疲れにならないように配慮しての時間でしたが、気づくと歌を増やして、70分強。
生き生きとした表情に変わっていくみなさまの姿とともに、、、
私も生かされいる。
Img_7138

2018年11月 6日 (火)

晴天のマリンバシアター!

友人のフェイスブックのプチ文章を紹介します。

楽しみにしていた、新谷祥子さんのマリンバコンサート。
しつらえがいつもすてきで、あしを踏み入れた時から、日常の気忙しさから開放されこころが、安らぎました。
目の前での演奏や歌声に癒されたり、打楽器で参加しながらみんなで歌ったり、楽しい時間を過ごすことができました。終演後、水墨画を見て、美味しいお菓子いただき、心もおなかもみたされた、一日でした。


と、書いてくれたKさんは、高校時代に私が通った書店の娘さんでした。
ここで立ち読む音楽雑誌が唯一、私の最新の音楽情報。高校生にはちょっと高価な音楽専門雑誌。ロックドラムの教本もあったな、、立ち読みしたのはJAZZ LIFE
バンドの名前や東京のライブハウス情報を仕入れ、そのアルバムを買ってみる、、老舗のジャズの店に行ってみる、、
手探り情報、、現実の世界、、歩いて知る、簡単には繋がらないというもがきの時代。
youtubeもネット検索もない若き日を、、ある意味ちょいと誇りに思う。

ギャラリーコンサートのエントランスは、伯母の板墨絵をイーゼルに置いてみました。
Img_7099
お菓子とお茶の間の準備中の写真です。
実際は、この後、差し入れくださった方々のお菓子ものせて、たっぷりティータイム
この一瞬の時を祝う、、目の前の人と近くなってみる。
その時空間演出が、、きっと伯母も願っていたアートの一つ、、だったと思います。
Img_7109_2新谷祥子マリンバシアター
「ゴンドラの唄」
髙田雨草水墨画館1階にて
2018年11月3日&4日

«開拓