2018年1月21日 (日)

緑を集めて

雪をかぶった庭にも、枯れ木は強い幹をそのままに凛として立つ。

寒気に触れ、葉色も深まって黒に近い緑に染まった草を集めて伯母の葬儀の玄関に添えました。

深夜に外気を浴びたくてドアを開けたら、1月にしてはポワンと暖かな風。
昼間に添えた葉飾りはシーンと静まった夜にも、懸命にそこで物言わず
想いをうちに秘めて、、、

そして、、鎮まる魂。

写真はうまく撮れなかったけど、、愛おしい草、枯れ木。

Img_5480

寂しさは心に、、しかし、、
今は心にまた新しい風を吹き込むとき。

心機一転
新しい 歌が聞こえる。
そう、歌いたいことが
     ・・・ たくさんある。

2018年1月16日 (火)

あっぱれ!90年の時

Ae2cc9dab85a47dcad9f5855462d6541

豊かな時を刻む、静かに与えられた人生の時を刻む。
貴女がいてくれた時間、ありがとう。

Bea6aaa2080c410386ade24a994014d8

受け継いでいきます。
自分の今を丁寧に生きたい。
伯母の90年、あっぱれ。
合掌

A72d9917bade4c8599bf7f0e0953cb3c


2018年1月13日 (土)

祈る

A64ec4040ae444faa98a870042e2c2c4

丁寧に、命を大切に、漂いながら今、生きている、私のおばちゃん。
枯れていくように、ゆっくりとだ。おばちゃん。
90歳になってもシワなんか浮かびもしない、きれいな皮膚の下に、
おばちゃんの血がゆっくりゆっくり流れを休めに行くようだ。

祈るね。
大丈夫だからね。
私のおばちゃん。

2018年1月 9日 (火)

痛快、爽快な一冊

最初に読んだのは1984年頃。2018年の今読み返してみても、日本の音楽状況は80年代となんら変化もないのではないかしら、と感じます。痛快、豪快なペンタッチに惚れ惚れします。
これが男性の著述ならあまり感動はしないかもしれず、小島美子氏の優しい品のいいイメージの方が敢えてイジワルいタッチだからハマります。決してイジワルな話はお書きになっていませんが、事実をコンパクトにビシッと、痛快。

日本のクラシック崇拝的教育を批判の項も多く、また、自然な行為として歌をうたう、その本質的な部分に深く触れています。

お堅い音楽書ではありませんし、音楽専門の狭き分野人で読むようには書かれていません。時に抱腹絶倒!
音に触れて感じるままを、こんなにストレートに言える、書ける、ができる音楽人、いや、女、になりたし。見習いたし。

…にしても、こういうしなやかな爽快な音楽書に最近はなかなか出会わないなー。なんだか難しすぎたり気取りすぎたりでつまらない。

41aa5f311cd348f3a361d901a0ef2ada


お詫び

もし、このブログを読んでくださるかたで年賀状を送っていただきました方々、まだ私からお年賀のご挨拶もできておりません。お詫びいたします。
年末からずっと伯母の部屋に通っております。
伯母の施設の隣にこの地にしては大きな大学があり学生達が始業なのかワイワイと比較的暖かい冬に軽装で急ぎ足。
耳にたくさんピアスの男子学生、あまり見かけなくなったな、こんな主張君、と感心している間に
あ、そろそろ私も東京へ帰宅の時間が迫っていると気づかされました。

特別すぎる年末年始の時を刻んでいます。
生かされること、微細な変化への気づき、尊き命が語ること、まばゆき時間

48b21a1b78574272b94ece4bad99db4b


2018年1月 6日 (土)

一瞬に身を委ねて

5b1077dde3a644afa9217d7a179cd6f7

美しい瞬間をとらえようだなんて、人間の力では及ばず。
そこに広がる美の幅の数ミリさえもとらえてなどいない。
でもいいのだ。
私自身が感じたままで。

静かな部屋にて、2018初唄を書いています。

2018年1月 2日 (火)

もみの木、杉の木

1480bc07582442dabba7a7a5d7e85d92

謹賀新年🎍
明けました、明けました。
快晴の空の下、少し背伸びしたくなりました。
しかし、引いたおみくじは、あせるな、何事も焦らずが良いらしく…然り
私の性格には程よき訓示と受け止め…素直に

拙いブログを読んでくださりありがとうございます。
これまで同様に歩んでまいります。
しかし、一層のゆるり努力を仕向けつつ。
まだまだ、探求、いや探検を続けてまいります。
探検、って好きな言葉です。
夢とストーリーを感じる響き。

そして、新たにマリンバシアター、深呼吸の季節です。

2017年12月31日 (日)

大晦日

Bdb0347261a34cc58078feefdf6f4b56

伯母が横たわる部屋にて。
小さな息で蕾をゆっくり眺めてくれています。
目をしっかり見開いて、私に、そう私に、語りかけています。

2017年12月26日 (火)

午後の、ふと。

A7761337af83492398d9bc5e1e5ede70

今月は、ただただ慌ただしく過ぎている。
先週、都心で冬の庭を歩いてみた。意識的に、そんな時間を見つけられた。
慌ただしすぎでは、声は聞こえてこない。
他者の声、自分の声。

昨夜、チャボさんのステージから、居ても立っても居られないほどの創作意欲を沸かせていただいた。
あの、ステージの立体の光だろうか、あの声のトーンだったか、ビートルズのカバーの新鮮さだろうか、ギターのオーバートーンの使い方かな、しなやかだ、とにかく美しいんだ、妖しくて、哀しくて、強くて、でもずっと美しいんだ、なにもかも。


語れるホームタウン

D8a0a98c70c8457186b12040dd5de2f0

当たり前だと思っていたけど、ステージでホームタウンを語れることは、もしかしたら誰にでもということでもないんじゃないか。
当たり前だと思っていたけど、違うんじゃないか。

ホームタウンを語ろうとしても、語らない人もいるはずだ。いや、語れない人もいるのだ。
いや、もっとイジワルな言い方をすれば、どう語るかを探れない人もいるし、語ろうとする発想すらない人もいるだろう。

だから
ホームタウンを当たり前のように語るは自然のこと、でもないんだ、と私は今ごろ、気づいた。
なぜならホームタウンはやはり特別な息吹を吐き出したり、吸ったりした人でなければ、歌にできないのだ、と当たり前のような大切なことに気づいたライブだったから。

当たり前に語れる、歌える故郷を、私は抱いて歩いている。
新宿や六本木の景色とは真逆でも、歌の内側の景色は、どこか似ている。

ちょっと生意気な言い方だけど、ホームタウンに遊んで残してきた様々な感情が吹き出る人は、ずっと表現者でいられるのかもしれない。

2017年12月22日 (金)

自然の流れに

35adaae8eb444e73bd4e860d76151a3c

穏やかに
やわらかに
でも懸命に命は在る

0803aeddf820450a8d31cfedec8b498a


図書館でひととき

テクテク、歩いてここへ。
全体を上手く写せないのですが、帰省のたびに時間があれば立ち寄る十和田市図書館。
安藤忠雄氏の設計で、一見コンクリートの壁は殺風景にも見えますが、内側空間はやはりモダン、南北に明かりとり、窓側に座って本を読める長いカウンター式の机と椅子。
図書館は本を読む場所、借りる場所、あと、もひとつね、本からちょっと休憩するコーヒーラウンジあったらなー。

私は本を読んだり、五線紙とペンを持参し、あれこれ。
今日は伯母の見舞いの間の時間を利用し、ステキな英語歌詞の歌を覚えています。

E63cf34fd05f47a099b41d026d926165


2017年12月19日 (火)

マスランカに捧げられたCD

残念ながら、八月に作曲家はこの世を去りました。
私はこのマスランカという作曲家を20代後半で知りました。マリンバのソロ曲があり、練習の1つにしていたのですが、この度、アルトサックスとマリンバのための作品をこうして録音というハードな取り組みに挑むチャンスが与えられ、時を経て作曲家の生涯と作品の成り立ちに触れ、素晴らしい音楽体験を得ました。
また、願っていたホール録音という形が実現したことも弾く幸せに満ちました。

アルトサックスの名手雲井雅人氏からのオファーに最初は驚きだけでしたが、重ねた練習も濃い時間となり、充実。私にと、この録音を依頼してくれた雲井氏に今はひたすら感謝抱いております。
マリンバサウンド的にも貴重な1枚となりました。

ソングブックという約30分の楽曲、マリンバは絶え間なく弾き続けます。
低音域から高音域まで、私が弾いたのは最高級のローズウッドとマリンバ倍音構造の研究のパイオニアが作ったマリンバワン社のバッソ ブラーヴォモデル。ホールでこのマリンバはその響きの美を発揮します。
私はまたマリンバが好きになりました。shine


C927aac2ba2e4dc9a63185cf506ebd29


2017年12月18日 (月)

音玉?

3歳児の子、私が演奏しているところ、だそうです。紫の火玉みたいでとてもユニーク。
今年から始動した「アラヤの音窓」に子どもたちが集ってくれました。
1番やりたかったことが叶いました。これからずっと続けていきたいライフワークです。
いい音で奏でなきゃ。

80c2c36aa00849e6bbe520008648bc8a


2017年12月16日 (土)

ディランとバエズ

ディランの初期、これもまた光満ちるエネルギーですね。
バエズとデュエットのディランは幸せそう。歌うべき道を見つけていた純真さに打たれます。

C27b5676a4bd4867ab215be19816ec06

今、私はどんな歌を書けるだろうか。

2017年12月14日 (木)

やはりドラムは最高

45c82d47bbc147e9884e306496ecb221

はしゃぎました💧
ドラムは私の原点。
リズムを刻む、織る、止める、間を切る、大胆なことが可能になるドラム。
やはり自分還りの楽器だ。
誰に聴いてもらう、もない。
ただ、ひたむきに、時忘れて打ちたくなるのだ。

2017年12月12日 (火)

しばれる朝に

故郷では寒いことを「しばれる」と言います。
時に挨拶がわりにもなる言葉。
寄植えは凛として。

2a36855e59cf4ddf95d5f6832acf47c6

昨夜は私の青森県文化賞受賞の祝賀パーティーがありました。
集ってくださった皆様、ありがとうございました。
こみあげるものがありましたが、御礼演奏では私の原点であるドラムを打ったり、マリンバ弾き歌いなど
感謝込めて。

分かち合うもの、伝えたいこと、引き継ぎたい意思、ありがとうと言える幸せ。

2017年12月 9日 (土)

ヤマセ吹く

冬の家
あっためていないその家に入ると、キンキンに冷えた冷蔵庫みたいだ。
ヒーター点火、エアコンのリモコンに急いで走るもなかなか暖まらないなー。

夕方あたりから家に吹きつける風はヤマセだ。
キシキシと家のあちこちが唸る。
こんなのは北国だけだろう。

子どもの頃からこの風の音は怖かった。
畏れの音だった。
それは今も変わらない。あの頃はヤマセが古い木造の家をもっと打ちつけたから、母に近寄り布団を被って眠ったっけ。

1人で過ごす部屋の壁紙を花柄に替えたのは、風の怖さから和らぎたくて…
でも外にはあの頃と変わらぬ風がふきつける。
Cddf1c941c144210b60c643d31f62360


2017年12月 7日 (木)

近日発売です

http://www.cafua.com/products/detail2567.html

ソングブック、CDの最初に置かれています。サックスとマリンバのデュオ作品で約30分!
録音作品として、大変嬉しい音が聴こえています。
7つの楽章を弾くために、ホールでの響き、マイクへのノリ具合のために巻き直したマレットです。
自分の耳に聞こえる音質と、会場で鳴る音質の微細な変化で、では「録音にはどれを」という難題があります。
そしてエンジニアとの信頼関係で成立していくこうした音の誕生。
デヴィット マスランカ作曲
雲井雅人氏との記念的なアルバムとなります。
Img_3760

2017年12月 5日 (火)

結びの儀式

人と人が出逢い、愛を誓う日はやはり特別な光りが射していますね

A1ba3aa059db4ec28f1110ed9aa1e6b5

進め、進め
鐘は鳴るよ、若い2人のために。

Fb1794ed5f734105a99d5d2eff70a5d6

おめでとう、バンザイbell

好きな声 ジャケット

ここのところhelen merrillの声に魅了されています。
ずっと前から好きな声。でも夏には聴かなかったな。
秋に、いや冬が来ると知る季節に聴きたくなるという声。
Ba561b67c6be4161aa9b2572a0bc1804

ジャケット写真がまた好き。

そしてこちらもまた好き。
全く違うテイストの歌手だけど。
bille holiday もまたマイクの前の写真。


6279e1b50d554341a9228d4c7fa7f267


2017年11月30日 (木)

実家での取材

Img_5231

取材申し込みを受けたとき、まだだもう少し軌道に乗ってから、、と思っていましたが、家で取材を受けることはなかったし、ホームならではの音の場の様子を知っていただくには良い機会かもしれない、と記者さんに入っていただきました。

とても丁寧な取材をしてくださいました。以前から私の音を聴いて活動に関心も持ってくださっていた記者さんの目と耳が、言葉を紡ぎました。
新聞というのは年齢もはっきりと表示されるし、記者の感想というより記者さんの目でみた真実がそこに写し出される内容。
ある意味、こちらも「今自分は何をしているのか、したいのか、していきたいのか」という思索を練られる時間をもらう、、鍛えられる、、記事にしていただくことなんて人生で何度あるかというくらい、それは特別なことでもあるし。
自分という 側面、幅、奥行き、まだまだ尺満たさず、、を知ることは常なれど。
ホームコンサートはスタートしたばかり。記念的な取材。大切にしたいページです。
デーリー東北新聞社、デジタルにも掲載されていました。
こちらです↓

2017年11月27日 (月)

家具に囲まれて

ローズウッドの重厚で装飾の素敵なテーブルなど、、ヨーロッパのアンティーク家具がたくさん並ぶ輸入家具店の中で演奏しました。

不思議、、ローズウッドのマリンバもなんだかしっくりと空間に鎮座の妙。
木の渋みが年月をかけてじわじわと浮き上がる、そんなお話をされる社長さんの家具愛、いや、木の芸術への心情が伝わってくる場所で演奏するのは稀有なこと。
Img_5173
演奏する横には白いサンタの置物。この空間に入って一番に私がふわっと吸い込まれたサンタさん。
Img_5189

2017年11月25日 (土)

お客様の声

2017秋ホームコンサート最終日終えました。
この日は夕暮れの音飛翔と題し、岩手県奥州市からサックスのエリカさんをゲストに躍動感あるステージとなりました。
エリカさん、いい曲を書くなぁー、スケール感にただ驚く私。
お客様の世良啓さんのフェイスブック投稿を以下に紹介させていただきます。

新谷祥子さんの音窓、七戸でのホームコンサート。
窓からは七戸のしばれる雪景色が墨絵のように見えて暮れていった。
部屋には新谷さんの音にあつめられた人たちが。

1曲目は武満徹×谷川俊太郎の「つばさ」、
二人とも寺山修司の友達だなあと思いながら
見えない幕があがった。
今日はこの場所での正式ゲスト第一号のエリカさんのサックスとのセッション。ふたりの奏でる音が月、水、海、星、道、風になり、曲に織り上げられていく。心地よい時間。

生きた美彫像のようにサックスを吹くエリカさんと、激しい舞踏のように身体を駆使してマリンバを奏でる祥子さんは好対象、あうんで調和する演奏だ。
ちがうふたりなのに、どこか地続きの音がある。風をきり土を蹴って走る駿馬のような力、息づかいがぴったり。南部の血?

エリカさんのつくった曲をメインに祥子さんの初演奏が続く。ホームコンサートで、少数のお客様を前にしても1曲も手を抜くということのない迫力で挑戦的な生音。

この音を間近で浴びると、まるで瀧の水しぶきをあびるみたいにこちらの細胞もリフレッシュする。音楽療法を受けているみたいに全身くまなく気持ちよく、いつまでも聞いていられる。

どの曲もすばらしく、バラエティーにも富んでいて聞き応えがあった。
ピカイチは「駒形根街道」。エリカさんの故郷にある馬を祀った神社への道。行ったことのない古い神社への細道が見えるみたいだった。
それに七戸の神社の絵馬が反応、反響するような、不思議なマリンバの感じ。
あとで楽譜を見てびっくり!音符がない!ほぼコードだけであんなに弾けるなんて…。

最後に初めてマリンバを叩かせてもらった。
見よう見まねで叩いても生まれる木の響きに身体が勝手に共鳴する。たのしい。
すっかり子供になってたくさん叩いていた。

2017年11月23日 (木)

寺山修司リズム

今月は寺山修司の言葉をたくさん歌いました。ホームコンサート晩秋に寺山修司は似合いました。
と、自分の感想に過ぎませんが。
寺山修司ワールドから次を見る弾みも生まれています。
それはリズム。
歌詞から優先的に導かれる韻のリズム。

言葉を生かせ、
言葉を裏切れ、
言葉を超えろ、

まだまだ追求!

終わったばかりだけど、寺山修司を唄う、第2弾へゴー‼︎と、意気込み膨らむ2日間でした。

ご来場くださりました皆様、ありがとうございました。
ホームライブは贅沢、とメールいただいたり、泣きそうになる瞬間をこらえながら聴きました、とも。
寺山修司を初めて知りました、も、響に圧倒されました、も、全部の言葉に意味がある。
それはマイホームという特別な場所に起こった交差だから。

C886fcca6cad4b368b9ede6694cc8fb6


2017年11月19日 (日)

初雪

560f54b19b67465981ed716a67135241

紫陽花は秋に枯れても白き玉 薄雪こぼさず我を迎える

2017年11月17日 (金)

明日はどんな出逢いかな?

天気予報は?

楽器は忘れ物ないかな?
どの道を走ろうか。
明日はどんな人たちに聴いてもらえるんだろう?
それより、、あの曲のフレーズ、ちょっとまだ不安定、、、
さてどうしよう。
あ、着るものは?

そんな日々が演奏家として何度も過ぎている。
だいたいブログなんか投稿する暇ないじゃないの、、
でも、、
今日は違った。
ちょっと体調に変化あって、いつもよりゆっくり過ごした。
そして、、練習より紅葉の終わりを歩き出したくなった。
明日のポスターを眺めていたら、回復するには外気を浴びようと。
心ゆくまで
葉っぱが頭に散ってくる里山を歩いた、歩いた、、、

(こちらのコンサートは福祉施設の主催によってすでにご入場申し込み締め切りになっております。)
Page1image256

2017年11月16日 (木)

豊かな花色

383385fe23a2469e8c531d7b363755c4

体調整えの朝、花の訪れ。なんて穏やかで、気高く美しい配色のフラワーアレンジメント。
見惚れて一日。
祝い花…感謝…

2017年11月14日 (火)

オカリナのリーナ

20520abc1a844cac810f4a1ebcbcc472

NHKおかあさんといっしょ
今月の歌
オカリナのリーナ

君塚仁子さんが作曲、私はマリンバを弾いて参加しました。
マリンバは隠し味のようにサウンドをホッコリと。
11月いっぱい放送されています。

2017年11月12日 (日)

迷ってアレコレ

6d89711f865a46fb8cc54f126670fbe8

昨日は外気が21度。ぬるい風吹く秋ポカポカ陽気。
予定した衣装だと💦汗💦汗💦汗

間際にチェンジ!
夏向けに用意したドレスがまたも活躍。
髪をどうするかも、天候と衣装バランスで決めます。
11月なのに、アレコレ迷ってしまう空模様。
選曲も迷った場合は、最後は自分に合うか合わないか、気持ちいいかどうかで早朝に選ぶ。

案外、迷ってる時は自分の心が正直に自分を突き出し、動かす。
場に沿って意思を確認し、自分を客観視するのは、重要。
若いときはその客観視がズレていたものを、少し今は修正できている、だろうか?

«同郷の方々と