« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の投稿

2013年4月23日 (火)

待ち遠しい。

今週末から少し深呼吸。


日程としてはコンサートや伯母の埋葬式や、パーティやらと続きますが懐かしい人たちと会ったり、列車の一人時間などに持ち込む本を選んだり、春遅い東北への想いが諄々と脳裏に描かれ、高まっていきます。

必ず足を運ぶ河川敷。天気のいい日は遥か先に八甲田山が見えます。
数年前の息子の写真ですが、東京育ちの我が子にも何か原風景として残したいな、と思うスポットです。P1000568

2013年4月20日 (土)

華やぎ、、

イタリアの紫、身体ウェーブラインに沿ったシルク。

重量感あってズシリと肌におさまる胸元ビーズデザイン。

コーディネイターの恵美さんからの贈り物、首もとのスパイス。

尚司先生のヘアメイク、はかなり贅沢な自分へのご褒美。

たまのビッグライブだもの、、心の華やぎ。。




Pastedgraphic

2013年4月19日 (金)

息吹

昨日のライブの朝、広いウッドデッキのカフェで時間調整。

中央道を走って見渡す都心の風景、後ろにはたくさんの楽器を積んで。
外苑出口、新緑の息吹にエールをもらう。
緊張がほどける束の間の珈琲タイム。

たのしむ、かんじる、うけとる、わたす、ねがう、、、
何を?

ながれを、、P1070082

2013年4月11日 (木)

飛鳥タイム!

かねてより私の憧れの女性音楽家の一人。金子飛鳥さん。

音のプロとして今やっていること、これまでやってきたこと、その大きさ、深さは私なんぞ及びもしない凄腕の飛鳥さんですが、二人で練習やおしゃべりにあいだに感じるのは「柔らかに生きる人」&「音の正真正銘プロ」ということ。

クリエイティブな時間に浸れ、生活の中に肯定することが増える。
音楽の新しい表層が生まれることを身体感覚として感受する自分。
だから、飛鳥タイムと呼ぶ。

いよいよ来週18日に迫ったライブ、高揚感がひしひしと、、、
新谷祥子&金子飛鳥 弾き打ち歌う Vol.2
会場/南青山マンダラ
時間/演奏は19時30分よりスタート。(18時より開場)
まだ少しお席あります。(マンダラのサイトからご予約可)

写真は昨年のライブ模様。
Pastedgraphic

2013年4月 6日 (土)

記事が載りました!

ロック雑誌「ストレンジデイズ4月号」に記事が載りました。

小沼純一氏による記述。長く彼の書く物を読み続けているので、なんとも嬉しい記事。内容は演奏家=作曲家というテーマで拙作CDと活動について丁寧に文章を綴ってもらっております。
作曲技法など持たずに好きな歌詞作りと楽曲をマリンバを弾きながら唄う、という現在ですが、その成り立ちはとても自然で必然でした。
自主制作CDはなかなか気づいていただけないのが常ですが、「シンガーソング マリンバ」と「ローズウッドシンガー」という2枚のアルバムを発表し、その音からこのような客観的な視点をいただけたこと、あらたな刺激と希望です。

こちらの雑誌はロックファンには読みもの満載。バックナンバーも購入!55483437

2013年4月 5日 (金)

ふきとひよこ

現在放送中。

4月5月にNHKみんなの歌で流れる「ふきとひよこ」
私はマリンバを弾いています。
真依子さんというお琴弾き語りをされる京都在住の演奏家の作品。
アレンジは作曲家、未知瑠さんという若き女性お二人とともにできた録音です。
なんともほのかで味わい深い歌です。
マリンバの存在が生かされている素敵なアレンジ、楽しい仕事でした。
Min201304_03_s

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »