« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の投稿

2013年9月30日 (月)

響けマリンバ!

マリンバの原初的なる成り立ちはそもそも大地の上から発生しているのですが、やれそうなのになかなか実現できない。

こうして空の下にて演奏できたことは一縷の望み、というくらい嬉しいことでした。
場所は新宿副都心を背景に、東京工芸大学キャンパス。
「鳥の歌」録画用の撮影です。
詳細はまたこのブログでご紹介致します。Pastedgraphic

2013年9月29日 (日)

踊るようなチラシ

この秋に音楽制作する寿歌Ⅳの名古屋公演の案内です。

こちらもとても興味深いデザインです。
名古屋の老舗小劇場と言われる七ツ寺共同スタジオが会場です。
今年は個性的な劇場空間に身を置けるチャンスに恵まれています。
演奏のみならず制作も与えられる現場、だんだんと緊張も高まっています。
Pastedgraphic_173522 4_2

2013年9月28日 (土)

どこに選ばれたいか

朝刊は朝日新聞、夕刊は日本経済新聞を読んでいます。経済面には私など無縁ですが夕刊の文化紙面が読みがいあり、数年前から購読をはじめました。そしてそもそも自分のことを記事にしていただいたこともあるので、ちょっと贔屓もあって、、なのですが、笑

今週は、先日私がマリンバシアター会場に選んだキッド アイラック アート ホールの創設者、窪島誠一郎氏の特集も組まれていました。
新聞によって初めて知ったのでが、窪島氏の実父が水上勉であること。キッドアイラックの誕生のヒストリーもこの記事で知る事ができました。
明大前駅からすぐという便利さも快適だし、ビル全体の醸し出す雰囲気、小劇場ながらもずっしりと落ち着く品のいい静謐感、地下のカフェの隠れ家感、東京のなかでも好きな場所の一つです。

下高井戸に住んでいた頃、「まだ自分には届かぬ場所」という大人の空間を感じ取ったものです。創設への想いが刻々と伝わる記事や窪島氏の生い立ちに少しでも触れられた今、なお一層、私のなかに「空間と出逢う意味」が深まります。

どこを選ぶか、どこに選ばれたいか、、というくらい切実に。

Dsc_0038

2013年9月27日 (金)

マリンバシアター2013/曲目

ブログを読んでくださり、なおかつライブにご来場下さったかたから曲名を知りたいというメールをいただき、こちらのブログで記録しておくべきだと遅まきながらきちんとここでお伝えします。

クラシックコンサートで通常は配布されるプログラム、私もずっと長くはこのプログラムと時には曲目解説の原稿などに時間を割く事が多かったのですが、弾き語りのライブという形になってみると、トークを交えつつカジュアルに進行する場合もあり、プログラムを配布することは少なくなってきました。またセッションによっては当日に大きく曲目や曲順も変更することもありますゆえ。でも時に素敵なブログを書いてくださる方に出会うと、それを拝読して当日の流れを客観的に思い出すこともあります。

以下がそのBlueさんのブログです。

http://blue19812nd.blog50.fc2.com/blog-entry-2085.html

では以下に、新谷祥子マリンバシアター2013のセットリストです。

この日は故郷&寺山修司没後30年トリビュートという内容に沿っております。

1st Set

名前のない子守唄/鬼遊び歌より「かくれんぼ」/眠る馬/冬の線路/時には母のない子のように/ノヴェンバー トラヴァイル

2nd Set

ふしあわせという名の猫/戦争は知らない/あしたのジョー/ちっちゃな時から/朝日のあたる家/浜昼顔

アンコール

山羊にひかれて/時には母のない子のように

2013年9月23日 (月)

寿歌へと、、

北村想さんの書く文章、新聞のコラムや、ご自身のブログや、ちょこっと返信していただくメールであっても、とにかくその文が好きだ。

そして、著書や戯曲。仕事をさせていただくようになって正真正銘のファンになった。もう何度も同じ文章やメッセージを読んでいるけど、スカッとして、かつ、じわっとする。(他の表現ありそうだけど、今はそれだけ)

この秋、朗読劇と音楽という関わりで3作目となる音楽制作の場を与えられた。北村想さんの名作と言われる現在注目の「寿歌Ⅳ」しかも、タイトルが「マリンバと物語の響演」
チラシ裏面を読んで、やっぱりじわっとして、うろたえた。これが希望と言わずなんといおうか、、、

音楽の在処、それを問われる仕事。でも思いっきり考え悩み、最後は存分、この舞台を楽しもうと思う。

ご来場下さる場合は、私への直通のメールも受付致しております。
info@shokoaraya.com
Photo_2 Photo

2013年9月18日 (水)

Echo From North

ピタッと身体に染み付くような、着心地のいい音空間はないかな、とずっと探してきたように思います。

これまでも味わいある場所を提供され、自ら探し歩き、好きな場所はたくさんありますが、「ここにもっといたい」と感じる演奏空間。
その一つに辿り着いたかもしれません。

でも手強いのです、そういう場所こそ。音に向かうだけでは足りていないんだろうな、、と。
むき出しに晒される互いの身体や皮膚に届くには、自らの歌詞を「歌う」ってことに対し、自己本体へ、さらに、向き合う、覚悟、、でなくては。。

今回のテーマとしたEcho From North の心情は私の身体の底のほうでずっとこれからも続くでしょう。

9月17日、Shoko Araya Marimba  Theater 2013
キッド アイラック アート ホール
P9170883

2013年9月10日 (火)

ヘレン メリル

寺山修司がどんな音楽を聴いていたのか、調べていたら楽しくて、自分のライブの曲の準備を忘れて聴き巡っています。
行きつけのカフェのマスターは以前大手のレコード店に勤務していたから、わからないことがあれば直行。

寺山が聴いていた「朝日のあたる家」はこのヘレンメリルの声、だったようです。
中古で手に入れて、毎晩のように聴いています。ジャケットの焦げたオレンジ感も好き。
 
Images

2013年9月 6日 (金)

ご予約完売!感謝御礼

いよいよ今月17日となりましたEcho From North~寺山修司トリビュートライブは私の新しいプロジェクト「Marimba Theater」の幕開けです。
今回は寺山修司の作詞された曲、そしてその周辺を探りつつ、拙作の故郷を関連させた音世界です。
昨日ご予約完売となりました。ありがとうございます!

東京に先駆けて先月故郷で行ったライブが掲載されました。あの日のライブは多くの良き仲間に応援され、私の音を待っていれくれた方々に支えられました。波動、というものがあるなら音を自ら運んできたというよりは、自分の力では及ばないものによって運ばれたに違いない、、そんな気持ちにさえなったライブでした。別に神妙な世界を言っているのではありません。無駄な時間など何一つないのだ、、という気持ちを与えられ、やるべきことがあるならやっていこう、という勇気を示され、吐き出したいものがあるなら、ちゃんとしっかり心に折り目をつけ、丁寧に「表現」する技術を身につけていこう、それが自分への責任、そしてまたいつか一つの答え、となるように。

東京の会場は私の息、余白の振動、楽器のうなり、すべて近距離です。
弾き歌いとしては大きな試練場!
P1080371

2013年9月 3日 (火)

ユーミンで閉じる「風立ちぬ」

風立ちぬ、、を映画館で堪能した翌日、宮崎駿の引退宣言でした。

最後の作品の最後に流れる曲がユーミンの「ひこうき雲」
ジブリのこれまでの様々なサウンドよりこの曲がずっと自分の耳に残るような気がしてなりません。
この映画のために作られた曲ではなく、一人の女性シンガーソングライターがそのキャリアをスタートしたと思われる時代、そのまっさらな強さ、何の予定調和もない毅然とした音、と感じるからです。

映画とは同じ時代の空ではないけれど、「ひこうき雲」の響きで閉じるなんて、映画も素晴らしいけど私はこのエンディングのさりげなさ、たまらなく好きです。

そしてやっぱり映画館で観るっていい、、レンタルばっかりは反省。
でも欲を言うならオシャレなビルの中の映画館より、もっともっと古めかしい映画館で音声ももっと遠いところからって、そんなレトロ感にも今は憧れています。

2013年9月 2日 (月)

my mallets tower

四半世紀使っているマリンバのマレットタワー。
柄に負担をかけないで保存できるのでこの整理籠は重宝です。
以前、雑誌の取材で写真におさめてもらったのに掲載されずが2回。
せめてブログでちょっと紹介させていただきます♡

芯となるボールの重さ、毛糸の種類、柄の長さ、巻き具合、繊細な音の違いでこれまでの音の現場でフル稼働してきたマレットたち。
かなり厳選してこの数におさめました。

好んで使うマレットは近年限られてきましたが、どんな要求がくるかわからない現場に立つ以上、やはりまだまだ貪欲に音の違いを見極めて使っていきたいものです。
P1060459

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »