« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の投稿

2013年12月30日 (月)

雪、序盤

Pastedgraphic_2

昨夜東京に戻り、同じ列島でもこんなに温度差があることに愕然とする。
そんなことを今さら気づいたわけではないけど、新幹線で3時間足らずで往来できることが時間と距離景観の落差を生んでいるのか、厳冬の実家から戻れば穏やかな東京は不思議な感じもする。

実家にいたのは眠っていた時間だけ。
二つの寺院、墓所(はかしょ、と呼ぶ。むこうでは墓地などと言わない)をそれぞれ2往復、神社、一人暮らしの伯母の食料買い出し、その小さくはない庭の雪かき、伯母を世話してくれる方々への挨拶、冬に亡くなった近所のかたへ香典参り、伯母と早い夕食をすませ、一人自由時間は知人のライブハウスへ行ってみる。旧友たちと再会は時を忘れる。

1日半は短すぎるけど、なんとか予定のことを終えて最後は実家から徒歩5分の温泉へ。
温まった身体が冷えきらないうちに、そこからすぐのこの景色を確かめに。
なにを、確かめたいのだろうか私は。
けど、帰省中は必ず一度この橋の欄干に立って心を落ち着かせる。

タクシーは雪道安全運転。ゆっくり駅に向かっているあいだ、あまりの慌ただしかった故郷時間からか深〜い溜め息だけがこぼれる。
夜の七戸十和田の新幹線駅、、待合室は私1人。
何度もこの待合室に入っていたのに初めて気づく。ガラスの小さな絵馬模様の装飾に。故郷は馬のまちとして栄えた。
私の曲「眠る馬」は目の奥の記憶から生まれた唄。



12月29日、ふるさとの雪はまだ序盤戦だけど、、

Pastedgraphic_3

2013年12月26日 (木)

響流十方

Pastedgraphic_3
   
後にも先にも、もうこういう場面はないかもしれない。

数年前、浄土宗総本山知恩院の文化イベント、国宝御影堂にてマリンバや打楽器で奉納演奏した。
私はこの壮大なスケールのプロデュースを任されていたけれど、僧侶に囲まれてのこのセッティングは想定外だった。

以下に載せたシーンは読経とバッハを絡ませている。
この演奏のあとは念仏と即興、、、なんとも希有なる舞台経験。
年末は事情あって参拝は一休みだけど、今日はなぜだかあの大きな山門と石段を見上げるときの緊張感が蘇っている。

冬になると思い出す場所
この季節はうずうずしてくる。
京都の好きな小径を一人歩きたいな。。

写真/知恩院 響流十方 2009年音楽イベントより

Pastedgraphic_2

2013年12月25日 (水)

こびとからおとなへ

夜の訪問者のために、ミルクとクッキーをテーブルに。
プレゼントの入る大きな靴下を枕元に。
ちっちゃかった息子のクリスマスの朝はワンダーランドでしたが、、

さてと、今は、、、
好きな洋楽なんかを鼻歌しながら、
時事問題なんかを大人びた口調で冷やかしている。

それでもひとときあったかい、、

街から離れて、小さな部屋でクリスマス

Dsc_0062

2013年12月19日 (木)

小島一郎写真集成

あるとき、1枚の写真と出逢った。

雪道を歩く老いた女たちの後ろ姿。
それは昨年他界した伯母の書棚を整理中に、ヒラリと床に落ちて、私の目にとまった。
強烈な白、黒、の陰影、、、

夕刻にふらりと立ち寄った随分と洒脱な本屋の奥で、その以前偶然出逢った写真がどういうものであるかを知る事になった。
セロファンで囲われて中を開くことはできない。
衝動的に足早にレジへと。
、、、、
これでまたしばらくは私の隣に座する写真集。

みたことのある、
嗅いだことのある、
佇んだことのある、
その苦ささえ知る風景が
そこに、、、
Pastedgraphic

2013年12月15日 (日)

美しい本

恋愛的演劇論/北村想

一つの創作が終って、その後に作家の演劇論を読んでみる作業は、さまざまな要因一つ一つ紐解く作業のようで楽しい。

これによって終ったはずの音楽制作はまだ続くことにもなる。
より深度あるものに、、、理想ではあるけど。


Kitamura05

2013年12月14日 (土)

12月の楽しみ

音楽大学での一コマです。

打楽器が必修科目になっている音楽教育の学生さんたちと、新谷式打楽器ワークショップ続けています。
1年かけておおよそ打楽器全般広く紹介しますが、マーチングもやれば和太鼓、マリンバから民族打楽器、サンバ、ドラムス、ボディパーカッションなどなど、けっこう体力勝負ものではあります。

さて、この時期は学生さんの手作り自分用打楽器ガイドノートやシェーカー、または演奏を披露してもらう学年末。
私のなかでちょっとした楽しみになっています。全編フェルトステッチのノートや、ぬいぐるみや竹細工のシェーカー、、打楽器を作り出す楽しさの一歩です。

Photo_2
Photo

そして、こちらは専攻生のレッスン室、入ったら窓辺にサンタが、、、!
木々や土の見えない地下部屋、この訪問者に癒されました。


Photo_3

2013年12月 8日 (日)

El Cant dels Ocells

大好きな曲をこのような形で演奏するチャンスが巡ってきました。

インスピレーションで行った演奏、このテイクが残されて嬉しいです。

動画配信されました。ぜひお聴きくださいますよう。

↓をクリックで演奏画面です。

http://thesongofbirds.com/gallery.php?movie=29

天空へと誘われるような不思議な感覚得る校舎で演奏させていただきました。

私は演奏後もしばらくは帰らずに、しばし秋空と副都心を撮り続けていました。

Pastedgraphic

2013年12月 7日 (土)

2013秋は過ぎて、、

駆け足で過ぎた秋を振り返って、、、


Photo_2
劇場、音創作の高揚、、
Photo_4
都会の喧噪のなかに、、
Pastedgraphic_3
光の回廊を浴びて、、、深呼吸(根津美術館)
Pastedgraphic_4

2013年12月 5日 (木)

木琴で参加します。

琴を弾くシンガーソングライターの真依子さんのレコ発ライブ、今月21日渋谷公園通りクラシックス。

NHKみんなのうたで放送された「ふきとひよこ」ではマリンバを弾きました。CDにはもちろんこの曲も収録されています。

今回は音楽のイメージにあわせて、またスペース的にも小型の「木琴」を持ち込んで奏でさせていただきます。


Flyer_b_2

2013年12月 1日 (日)

最先端マーチ

こちらのCM映像でスーザのマーチ打楽器演奏しました。

「自由の鐘」が最先端モードと、、なんだかスゴいな、最近の30秒アート、、


« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »