« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月の投稿

2014年4月28日 (月)

黒い魔物

Pastedgraphic
音のメモ録音
楽器の音を客観的に聴くのは慣れているけど、
歌詞というのはやっぱり難しい、、、
音の粒の計量とは違うから、、、定量にはハマりきらないものがあるから、、、
でも、これまでどおり、、、あまり方法を見つけないうちがいい、、
そんな荒削りのうちが言葉は新鮮。

住んでいる地域が昨夜は突然真っ暗闇の停電。
外に走り出てみると、無音で深い黒い魔物のような夜があった。
でも、小さい頃はこんな夜が普通だったものだけど、、

あの闇を思い出したら、今日一日閉じこもって録音してみた音の数、まだまだ多過ぎている。

2014年4月24日 (木)

サルサ!

随所に笑えるシーンあり、歌いたくなる衝動あり、無理なストーリー設定なんかは全く気にならない。なんたって登場人物の設定などはかなり強引な感じで笑えちゃう。

なんたって流れている音楽はハッピーでたまらない。

salsa,,
ラストのヴォーカルだけずっと聴き続けたい。
ダンスなんか踊れないから、もっぱら音拾い。
Salsa

2014年4月19日 (土)

弁当作り!

4月からガラリ生活は変化した。ちょっと遠い高校に通っている息子の弁当作りで、しかもこれまでより大きな弁当箱にシフトしたこともあり、まだ蒼い仄かな朝の空気のなかで朝は苦手な私も「よっこいしょ」だ。
まあ、理想的な朝なんだけど、けっこう弁当作りって前夜から緊張はあるのですね、、不器用な私のことですけど、これまた。

週に二日ばかりは自分用の弁当も作る。一目惚れで購入した弁当箱と、友人からの贈り物「しょうこ」とネーム入り箸、少し鬱鬱っとした朝であっても、新調したこれらの色合いや、丁寧な作りの木彫箸は私の気分を前に進めてくれている。
ありがとさん。
Pastedgraphic

2014年4月12日 (土)

♪とめようもない♪

movie
アーティスト契約しております「marimba one」のyoutube ネットワークで私の映像が紹介されております。
♪「とめようもない」のライブヴァージョンです。

↓ライブの映像は途中からマラカスマレットなどで伴奏の立体感を工夫していますが、持ち替えはスリリングすぎました。でもこれは成功しているのです。はい!

http://www.youtube.com/watch?v=Lmc09FKSeIA

2014年4月 8日 (火)

讃岐にほひ手まり

またしてもやられました、、というくらい粋な手みやげをいただく。

「讃岐かがり手まり」

本来ならきちんと時間の約束をとりつけて伺うべき相手であるのに、息子の高校入学式直後の道、その邦楽の家元のお身内さんにばったりあったことで、無作法極まりなくも「よし、息子のぴっかぴかの制服姿を見ていただこう」と軽い気持ちで突撃訪問。

思えばもう何度も家元とは共演させていただいている。様々な舞台も拝見している。とてつもなく高貴な場を踏ませていただき、そして私などには不相応すぎるような祝いの席にも並ばせていただくこともある。

伝統の美を紡ぎ現代への斬新な扉を併せ持つその演奏家は私にとって長きにわたり、心深く尊敬するおかただ。
舞台でも日常でも正真正銘の「おもてなし文化」を、軽やかに鮮やかに目の当たりにさせていただくこと、あまた。

まりの芯に白檀、丁字、龍脳の天然香原料をたっぷり含ませた「にほひ手まり」
桐のふたを開ければホロ〜〜んと、楊貴妃。

よし、これだ!
新しき春の高まり、かろやかに、、いきまひょ。。 

Pastedgraphic

2014年4月 4日 (金)

さんぽ

用事終えてちょっと寄り道のつもりが、小径の色合いに誘われ

奥へ奥へ、てくてく、、、
久々の代官山
この場所柄、異次元でおしゃれなイベントで演奏したことが何度かありました。
クリスタル仏壇展示会オープニングパーティとか、、、
80年代バブル絶頂期の仕事でしたけど、、
Pastedgraphic_2

2014年4月 2日 (水)

家のこだま

幼き頃、古い木造の二階自室は北向きで、それでも両親が設えてくれた大きな窓からは高〜い空、雲の緩やかな流れを独り占めできる空間だった。

今年から東京と実家青森の往復が増えたのだし、そろそろ始めたいと思っていたことを準備しようと思う。
防音の練習室に通ずる吹き抜けの窓から朝の光が射し込む。
誰も住んでいない家は夜の静けさのなかで私を向かい入れて時おりガガガ、、と軋む音がする。

なにかで読んだけど、木は敏感に人の気配に反応するらしいということ。
私はいつも「帰ったよ〜〜」と誰もいないその家に声かけしている。
声がこだまする。
どこかの柱がギシッ、、、。

Pastedgraphic

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »