« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の投稿

2014年6月28日 (土)

ウッキーキーの続き!

モデルの主はこのテナガちゃんです。

いつもライブで楽器セットのどこかにひっそり隠れて私を守ってくれる
守り神ちゃんでもあります。
テナガザルは猿のなかでも唯一歌唱する猿だそうです。
Pastedgraphic
腕をいっぱい広げて演奏する私は毎日腕を1センチのばす運動も、笑、はい、、実はしております。うっきっき♡

ウッキーキー

私の初代グッズであるTーシャツを大事に着てくださっている方から写メールいただきました!

しかもウッキーキーTシャツとか言ってくださる。それでもって気持ちが楽しくなる、とまで言ってくださる。
こちらもウッキーキー!

女友だちは楽しく心強い!
10488929_423384764471008_1045483320

2014年6月23日 (月)

衣装幻想

秋冬コレクションの商品カタログではあるけど、アート写真集というべきものが届く。

大学生時分、伯母の仕事柄、運良くも10代の小娘が、フツウ入れないでしょ、っていう大人の世界、東京コレクションに何度も連れていってもらった。ときにはチケットを渡されてケンゾー、コシノ姉妹、寛斎、ヨージヤマモト、一人で行った。

そのままパリコレに連動するようなファッションショーをだ。
イッセイ ミヤケのショーは衝撃が大き過ぎて「布」っていうものに対して畏敬すら覚えた。
伯母からの古着ももう絶えているから、ときどき奮発してステージ衣装を買っている。届いたばかりの見応え充分のファッション冊子を手にビールをちょいと。
形、色、美は永遠。
今夜は幻想と一緒に眠る。
Pastedgraphic

2014年6月21日 (土)

こんな「武満徹ソングス」

先日ブログで紹介しました神谷満実子さんのCDは現在銀座山野楽器店1階での販売も開始されたとの報告。このソングスに捧げた神谷さんのパッションは数年前のリサイタルのときから感じとってきました。すべてをマリンバ伴奏で歌いたい、というオファーを受けて演奏には苦戦した私でしたが実り多い仕事をさせてもらいました。

CDではさらに多くの楽器とのコラボレーションで歌われた神谷さん。こんな武満ソングは他にないでしょう。Utaudake_l

2014年6月15日 (日)

叩き歌い!

早い時間だったからお客は私1人。ちょっと飲んで気分良く、、

久々に真新しいドラムスを打ってきました。弾き歌いじゃなくて、叩き歌い。
聴いてくれるのは店主と料理長!


この店で最近村上ポンタ秀一氏が叩き初めした、ハイグレードのドラム!
トムの響き、スティックの沈みかた、弾み方、、、
やっぱり「ナマ」の太鼓でなくてはならない意味がそこに。

Pastedgraphic

2014年6月 7日 (土)

死んだ男の残したものは、、、

友人のソプラノ歌手、神谷満実子さんのCD、ついに完成です。

私はこのCDで3曲参加しております。

「翼」はマリンバの伴奏だけで歌ってくれました。
「死んだ男の残したものは」このアレンジも担当しました。
この曲が今とても気にいっています。自分も新たなアレンジで弾き歌いしようと思っています。いつか、、

武満徹の作曲、谷川俊太郎の詞、、神谷さんの情熱によって様々なソングスが並び、楽器編成も多様。音の玉手箱のようなCDが完成しております。

Dsc_0055

2014年6月 4日 (水)

創る、作る

今日は自作のCDミックスダウンを完了。

好きなこの季節の風の中で、濃い日々が流れていました。

作品に寄り添って制作のまっただなか、
創る、作るに、誠心誠意を向けてくれる人は、神様かも!
まだまだ完成までのプロセスは続きますが、音作りのピークは終えたという地点。
誰かの号令を待つ、そんな時期は終ったのかもしれない。これからは自分に号令かけて、ちょっと立ち止まったり、ちょっと歩みだしたりと、、、このゆっくりなペースでもしっかりと手助けしてくれる人とも出逢えるわけですから。
でも、やっぱり誰かにやってもらう、、ってことは、うん、ラクチンなんでしょうね。笑、、、そうだったらそうでまた挑むんでしょうね、、笑、、

でもやっぱり、自作というのは、、いや、、「創る、作る」はやめられない。

2014年6月 2日 (月)

イイネ、こちらの野菜屋さん

食材とはこんなに楽しげなものでしたか、、とウキウキ購買欲の生まれる野菜屋さん、みーつけた。

東府中駅から徒歩数分。
ヤマキという酒屋さんですが、新鮮な青森の野菜もたくさん並べられていたし、
小分け売りは丁寧なラッピングで鮮度を落とさないように工夫されている。
野菜の箱にはそれぞれ産地とメッセージが添えられて、いちいちそれを見てうなずく私。
店主さんはレジ袋持参しなかった私にも親切に、ひとつひとつ丁寧に袋に入れてくれる。ここからまだ電車に乗って帰る私にはありがたい袋の中の野菜バランス。
日頃の自分の雑さを反省する。

またすぐこの近くを通る予定なので、今度こそmyレジ袋持参しよう。
(写真はこちらのお店のtwitterから拝借。)

2irappl_400x400

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »