« 身体の置き場 | トップページ | 過去も前進している »

2014年11月13日 (木)

また来るね〜

開演90分前からホームの方々が集まっていらっしゃるので、サウンドチェックも練習も公開状態です。

手拍子なども強要したくないし、ただ時を忘れ、快適な心の流れや、木と声、その音を渡せたら、、、そんな気持ちで訪問しましたが、一緒に口ずさむ人、演奏後もずっと前方を向いて帰ろうとされない人、次回へのリクエストをくださる人、そして病院側の配慮でおそらく人生初、最前列に座れた入所中の伯母。終演後、その伯母の失明した片目からの涙、、


、、、そして駆け寄ってきた看護士の一人は中学時代の同級生だったり、ここのところ一瞬の郷里帰省は濃い時間が流れています。また来るね、と約束して演奏後は新幹線の時間まであちこち寄り道ドライブ、その時間もまたようやく心が穏やかのまま東京へ向かう準備となりました。


Pastedgraphic

七戸城址東門
Pastedgraphic_2


CDの新曲「月酔いぶらぶら」の歌詞に出てくる八幡岳、が遠くに見えます。
歌った場所はここからの眺めではないのですが、牧場沿いのこの道は昭和時代の映画にも登場しているらしく、私のお気に入りドライブコースです。
Pastedgraphic_3

« 身体の置き場 | トップページ | 過去も前進している »

歩いたこと」カテゴリの記事