« 初の場所 KIWAへ | トップページ | 春と五線紙 »

2016年2月 1日 (月)

終わりのない絵本

繰返し読んだ本、オノマトペの不思議に母子で笑い、読み終えるとまた最初のページをめくる。
毎晩3冊と決めて、3冊目には眠りに、、とは甘かった。
まだ何かお話はないの?とせがまれ、私の創作即興話がはじまる、、と、いつのまにかすーっと眠ってくれる。だから始まりはあるけど終わりのない絵本が私のなかに何冊も。。。
こんなことを思い出して絵本を引っ張りだした理由は、昨日に立ち会った若者たちの表現発表。素晴らしい感性だった。
彼らが創作に持ち出した絵本の中に、かつての自分の心をふと、、
なによりも絵本がこの自分を助けてくれたようで。
Img_1653_3

« 初の場所 KIWAへ | トップページ | 春と五線紙 »

読んだこと」カテゴリの記事