« 夏待ち遠しい | トップページ | この夏も寺院で »

2016年5月23日 (月)

木陰で

日曜日の朝、耳を休めるため高尾山へ。

2人用リフトの真ん中に1人で悠々と腰かけ、リフトはゆっくり樹木の中を登ります。
葉っぱの揺れを見ているだけで静なる時間は至福。
根っこが一つ、どんな現象だかわからないけど抱き合うように二つの幹。
山頂までは行かずに、この木陰にてゆっくりと朝の時間を過ごしました。

そんな時間のおかげ、、今日は歌の新しいアレンジがはかどります。

身体が変化する、自然の摂理、樹木と同じ、、
演奏だって、その摂理から学ぶことは多し。身体が変わるのに同じ弾き方や練習作法では通じない。
これからどういうふうに身体を活かすか、、それは、どんな音楽をするか、とかではなくって。
Pastedgraphic_2

« 夏待ち遠しい | トップページ | この夏も寺院で »

歩いたこと」カテゴリの記事