« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の投稿

2017年1月31日 (火)

笑顔に囲まれる

リズム講座に参加してくださる森田先生の教室の発表会にゲスト出演しました。

講座参加の先生方が駆けつけてくださりました。

音楽する喜びを分かち合っている方々です。
笑顔に囲まれること、、
素晴らしい気をいただいている。
Fullsizerender

そして、昨日、、4年間指導した学生二人が卒業試験を終えました。
こんなにくしゃくしゃの笑顔で

山あり谷あり、、、清らかな流れも見て、、
人は進むのだ、、ただ、黙々と、、それだけだ。
Photo_2
Fullsizerender_2

2017年1月29日 (日)

曇り空でも「気」いっぱい

本日の演奏地は東京都府中市。

どうせなら、、とドレスに似合うヘアセットを和風に結い上げてもらおう、、と
大国魂神社の結婚式場の美容室へ。
この神社はなにかいつも ドーンとした気配が漂う場所です。
参道が長く広いわけでもないけれど、本堂までぐいぐい引っ張られるような勢い迫り来る何か、、神の引力でしょうか。
進め〜〜というサインでしょうか。
scissors
Img_3582_2

2017年1月24日 (火)

真田丸テーマ曲

今週末のゲスト出演。

リクエストにお答えして真田丸テーマ曲を弾く事になりました。
あまりこういうチャンスがないのでとても新鮮に感じ、練習中。
ヴァイオリンの旋律を想定して書いている楽譜をマリンバで弾くということは20世紀中盤から盛んではありますが、それはとてもポピュラーなことでもありましたが、私もマリンバの稽古最初はそうやって、、それからバッハのヴァイオリン、チェロなどの名曲にもトライしてきましたが、、、
ここにきて、真田丸。これはこれは、難題。
なにも技巧的にはハードなわけではありませんが、あまりにも大河ドラマのテーマ曲でありすぎる王者サウンド。
と、そんなこと言っていないで、もひとつ練習。
真田丸の他にもいろいろ演奏します。
府中ウイーンホール、久々に楽しみです。
Img_3525_2

2017年1月23日 (月)

軽く軽く

Img_3558

遠くに高尾山
歩きながら、頭いっぱ〜い、を軽くします。

Img_3556

この子たちだって潜り疲れたかな、ゆっくり浮いてるじゃないか。
歩こう、軽やかに。

2017年1月19日 (木)

インタビュー記事

だらく、、とは「打楽」

日本打楽器協会の会報のネーミング、だらく会note
ここで2ページにも及ぶインタビュー記事を掲載していただきました。
インタビューしてくださったのは元NHK交響楽団首席ティンパニ奏者百瀬和紀氏。
私が高校1年のとき初めて聴いたプロのオーケストラ、八戸公会堂でのドヴォルザーク新世界。その頃からのことを含めて、現在までの活動を。。
打楽器を生業とする会員や学生が読む会報なので、焦点はそういう話しになっています。インタビューというよりは百瀬先生との打楽器談義で4時間。
とっても有意義な時間でした。
ライフワークである、マリンバシアターのことを聞いてくださったことが何より嬉しくもありました。
この2日間閉じこもって他の原稿書きに徹していましたので、このインタビュー記事で自分の想いが書き留められていることに、ほっ。。
読むまではいつもドキドキ。
Img_3555_2

2017年1月17日 (火)

Duet フライヤー着!

お知らせ続きます。フライヤーが出来ました。

あっ、まだ2ヶ月以上も先なんですが、、早いご予約であれば会場へのご入場順も早くなり、良いお席を選べます。
一般発売(1月28日〜)の前に、只今先着先行受付中です。
先行受付は1月20日20時までとなっております。
downwardleftdownwardleftdownwardleft
Duet_chabo_2

2017年1月15日 (日)

年始行事

繋がる地、ふと静寂に還る場

Img_3551_2
鳴る皮、振る身、振動は心動
Img_3538_2
夏にはこちらの龍見寺でまた演奏の機会が巡りますように。
音澄みわたりますように。
心して、、、

2017年1月11日 (水)

春に奏でる!本日発表

Pastedgraphic_2春に奏でる、

タイトルの響きとロゴの洒落たローマ字が届きました。
チャボさんとの共演は私自身の歓喜ゆえ、、、
ああ、、春は勢いづく水、風、土、そして火となりたしデュエットサウンド。
2017duet4_
チケット先行ご予約は1月14日からです!
情報は以下より↓お願いします。
今年も、今年こそ、、
聴いてくださいっ!

2017年1月 8日 (日)

盛り沢山の一日

本日はぎっしり一日、音の充実。

雨の蒲田駅からアプリコホールで水野先生のマリンバの音の妙に溜め息&ホロッと涙し、、

そして、、本日のとどめは、、
NHKEテレのクラシック館。以前からどうしても聴きたいと思っていたマーティン フリスカのクラリネット演奏。身体性と音の関係。
こりゃあ、スゴ過ぎます。。
水上を躍るフラミンゴのような美しさ、しなやかさ、クラリネットが立体的な音像に浮かび上がる。。
動と静の魔術師。
さ、今から寝るまで、、練習のみ。
Fullsizerender

2017年1月 6日 (金)

ひらがなの美しさ

Img_3509

大貫妙子さんの歌が好き。
20代の時にカセットテープで聴いていたけど、今の時代の再生機器ならば、息づかいやひらがなの扱いが繊細で絹糸のように舌を纏うように伝わってきます。言葉を大切にしているのは当然のことですが、一字一句が儚きものであるかのように、柔らかく零れ流れる、そんなイメージです。

今年はなんとかライブで聴きたいと思います。いつもチケット手配を遅れてしまいます。どうしたらチケットは手にできるのかな?
なんとしてでも聴きたいソングライター!

今聴いているのは小松亮太さんとのCDです。


2017年1月 5日 (木)

遊び心で

2011年の正月のまま、、伯母の画廊のエントランスから廊下を使って行われた正月縄飾り展はアーティストだった伯母の遊び心を勢いよく映しだすものでした。

伯母は2012年に永眠。残された多くのアートが今も息づいています。

少しだけ場所をレイアウトしていますが、飾りをそのまま今も。
Fullsizerender
↑乾燥した植物を寄り合わせて、、今も色彩を失っていません。
後ろの大きな豆は私が楽器として購入したものだったような。。
Img_3422_3
↑飾り盆なのか、紙細工なのか、不均衡に開いている穴さえも、その角度の粋を利用し枝を通す。配色と紐の長さも、服飾デザイナーだった伯母はこだわっていたようで、そういえば私のステージ衣装の紐一つにも結び方、垂れる長さ、、細部提案ありました。
Fullsizerender_2
↑素朴な縄に枯れ草を寄せています。
Img_3424_2
↑ごく一部だけの写真ですが、材木業のかたから譲られた板に墨絵を描き、それを
何気なく籐の椅子によりかけています。
それだけだと、おさまりが良過ぎて、どこかに崩しの美学を入れたかったのかもしれません。無造作に紐をぼさっとひっかける。そして、墨絵に描いた花の色を意識してのことか、朱に染めた縄を飾っています。
Img_3426_2
↑松、腰飾りのようなものはイッセイミヤケ、もしくは好んで着ていたレディースのTAKEZOの帯かもしれず、、くしゃっと和紙を合わせています。
Fullsizerender_3
↑ここはまだ整理していない飾りです。
おみくじや絵馬、矢、包装紙、箱、、色彩を生かしていました。
ここまでは縄を飾ったものですが、正月飾りは他にもそのまま残して、、
展示を整理し、よりよい形で紹介できる日をと考えております。

2017年1月 2日 (月)

謹賀新年2017

Img_3489

あけましておめでとうございます。
窓辺のマリンバを読んでくださる方々へ。
どんな新年をお迎えですか?
時々、感想やご意見などもありがとうございます。

2017もよろしくお願いいたします

さて、また新しい陽が昇りましたね。
実家の窓辺、ここはアトリエではなく母の仕事場でしたがマリンバを置くと音が良い感じ。

天候に合わせて、大晦日にご先祖参詣しました。
元旦は89歳になった最後一人になっちゃった伯母の見舞いから始まり、笑顔に安堵はしましたが、見舞いの後は、なんだかいつも胸のあたりに、ひとつ留まってしまう心残り、寂しさ、自己嫌悪のようなもの、があります。母を亡くしてから二人の伯母に支えられてきたこと、、多くはこの伯母たちに頼ってきた自分、、

似たような心境を親しい友も話していましたが…

それにしても昨日は穏やかな元旦。
従兄弟の運転で息子と3人、湖畔ドライブ。
静かな美しい風景、うっとり。
白き鳥もあまた舞う中、白き雲に鳶?
ちょっと威厳さえありました。

Img_3469

 

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »