« 音玉? | トップページ | 図書館でひととき »

2017年12月19日 (火)

マスランカに捧げられたCD

残念ながら、八月に作曲家はこの世を去りました。
私はこのマスランカという作曲家を20代後半で知りました。マリンバのソロ曲があり、練習の1つにしていたのですが、この度、アルトサックスとマリンバのための作品をこうして録音というハードな取り組みに挑むチャンスが与えられ、時を経て作曲家の生涯と作品の成り立ちに触れ、素晴らしい音楽体験を得ました。
また、願っていたホール録音という形が実現したことも弾く幸せに満ちました。

アルトサックスの名手雲井雅人氏からのオファーに最初は驚きだけでしたが、重ねた練習も濃い時間となり、充実。私にと、この録音を依頼してくれた雲井氏に今はひたすら感謝抱いております。
マリンバサウンド的にも貴重な1枚となりました。

ソングブックという約30分の楽曲、マリンバは絶え間なく弾き続けます。
低音域から高音域まで、私が弾いたのは最高級のローズウッドとマリンバ倍音構造の研究のパイオニアが作ったマリンバワン社のバッソ ブラーヴォモデル。ホールでこのマリンバはその響きの美を発揮します。
私はまたマリンバが好きになりました。


C927aac2ba2e4dc9a63185cf506ebd29


« 音玉? | トップページ | 図書館でひととき »

出演情報」カテゴリの記事