« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月の投稿

2019年3月29日 (金)

重機ロス、、かな。笑

青い空に重機の潔さ、おっと、かなり重機ロスの私です。翻訳した絵本は書店に並び、いよいよ様々な場所に旅しているようです。

工事の音を聴きに歩いた日々がちょっと懐かしい。重機の色彩もあれこれ比べたりする、見えてる世界がちょっと楽しくなっている。Img_7982_3

2019年3月23日 (土)

彼岸の夜に

三月のお彼岸、タイムリーに実家にいることは今まであまりなかったけど、、
アトリエを丁寧に掃除。
ついに両親には聴かせることができなかった自分の歌。
二つの椅子を並べて、そこに向けて歌ってみた。
ここのところ、
時間がゆるかかに過ぎているような気がしている。
Img_7951_1

2019年3月22日 (金)

明照保育園さん、ありがとう。

同じ保育園さんが、何度も呼んでくださる。これはとても素敵なこと。
継続を重要なこととして、子どもたちとの触れ合いの中から探り、作り、感動し合う。
これはやはり小学校の講座でも同じように呼んでいただく場があり、とても貴重なことと捉えています。
上記のリンクから、一コマがブログに紹介されております。
子どもは敏感。
音の動きを目と体で追っています。
私の場合、フリースタイルで、あまり形式張ったことをせず、おおらかな流れを作っての進行ですが、自由で幅をもつ、教えない、感じ合う、伝えることって難しいとか思わない、一緒に笑ってみる、一緒に聞いてみる、、仕上げを急がない、、とことん楽しむ。 次なる課題を自分に向ける。

2019年3月18日 (月)

福寿草

B8431bad94f142728c547bf0eb83b51d

その方のお庭から、いつものように「静を」運んでいただく。
音に注いでみたい

2019年3月11日 (月)

祈り

昨夜テレビで、復興からまだ取り残されている方々を取材する番組を見ました。

人々が帰らなくなった村に、老人が寂しく一人暮らし。近所に誰もいない現状の中暮らしています。
寂しい、という言葉を、人間は軽々と使ってしまうけれど、この老人のつぶやいた
「寂しいです、、」
その言葉の重みは、どこに届くだろうか、と考えてしまいました。

書き尽くせることなど何一つないけれど、3月11日だからということでもなく、簡単に手を差しのべられるはずもないけれど、
このような現状を見るたびに、我、自覚して生きよ、ということを教えられるばかりで、
静かに、自分に任されていることを、誠実に、それが
精一杯「生きる、、」
に繋がるのだろうか。

祈り

2019年3月 8日 (金)

あのね、エッセイ

https://www.fukuinkan.co.jp/blog/detail/?id=261

福音館書店のサイト、ふくふく本棚で私のエッセイが紹介されています。
翻訳に関わった経緯、そして、自身の音楽活動との関係も含め、絵本への熱い想いが伝わる内容になっております。
拙文ではありますが、翻訳という初の試みに汗を流した日々、、かな、、、

このエッセイは福音館書店の「あのね」に掲載されております。
春、これからのライブ会場や、ワークショップなどで配布させていただく予定です。

2019年3月 6日 (水)

絵本翻訳「こわす」「たてる」

ご報告!!

このたび児童書専門の出版社、福音館書店より2冊の絵本翻訳の依頼を受け、ついに出版日が秒読みとなりました。
こうじの絵本「こわす」「たてる」
ニュージーランド刊行,著者はサリ ーサットン、絵はブラインアン ラブロック

私に巡ってきたこの翻訳という初の試み。ページを開いて即、嬉しい胸の高鳴り!
だって、これは素晴らしい「音」の絵本でもありました。
普段よりオノマトペを使った打楽器やリズム講座を試みています。そんな私の活動にも大きく影響しそうな、生き生きとした音が並ぶ絵本。イラストの魅力。リズムの歯切れ、、色彩。
全てのプロセス(様々な場所へ出かけて学んだこと、音のリサーチ、コンクリートのこと、重機見学)が今となっては、人生想定外の宝時間でありました。

もちろん、この初絵本翻訳という仕事が成り立ったのは編集者Yさんのおかげです。
ヘルメットを着用して工事現場の足場も一緒に歩いてくれました。本が完成するまでの時間を共に歩んでくれる編集者の存在、それは自分の仕事では演奏の共演者、もしくはバンドのリーダーと似ています。
迷いや、決断に至る心理、その一瞬をとらえては、時に軌道修正、時に寄り道、添い道、そして最終的に歩きだせそうな道を、私の目が見据えるよう仕向けてくれる。。
プロデュースとアレンジと本番のgoサインを送ってくれる、とっても美人な辣腕編集者。
Yさんとの打ち合わせ時間が濃く、深く、長く、何より私には楽しみ時間でした。(*^-^)

そして、翻訳本を開くもう一つの楽しみは、森枝氏による文字のデザインです。
演奏なら、きっとセッションするプレイヤーのパフォーマンスを視覚的に楽しむ部分となりましょう。これは、絵本で見ていただくしかないっ!

絵本、「こわす」「たてる」は3月15日出版です。書店に並ぶであろう2冊の絵本を想像するのは、ちょっと初体験すぎて実感がないのですが、、。
ということで、このご報告をブログからまずは発信いたします。
よろしくお願いします
Img_7886_2

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »