« 青森の夏へ… | トップページ | 孔雀もお届け! »

2019年7月25日 (木)

献奏の日〜盛田稔氏へ

Img_8605

ちょっとこだわって町役場の信頼の方へお願いしたこと、それは最高の音響にしていただくこと。役場職員さんの中に音響の技の優れた方がいらっしゃることを知っていたので、この日は入念なサウンドチェックをお願いしました。

Img_8609

郷土にはこの方の品格があって、その存在の高貴さ、香り、美しい老齢の佇まいがあって、心にずっしりと存在感を残すお方でした。

6月に他界された盛田稔氏。私の2015年のブログに盛田邸のことを綴っていますが、そのブログでは百寿を迎えた盛田稔氏を謁見して我が家の江戸期古文書の紐解きについて記載しました。

先日は町の主催する偲ぶ会での献奏の儀において、3曲捧げ歌わせていただきました。ご家族からこのようなご依頼を受けることになろうとは思ってもみなかったのですが、心込めてお見送りの音を奏でさせていただきました。

梁塵秘抄

天王神社の丘の上で(原曲はカリント工場の煙突の上で)

港の見える丘

 

この日に大勢の方々がお別れの参列をしておりましたが、写真下のヴィヴィアン佐藤氏とも久々の再会。佐藤氏は盛田稔氏への貴重なインタビューを記録されています。私が2015年に盛田先生に勇気を持って謁見できた理由の一つは、佐藤氏からの強い勧めもあってのこと。

献奏の3曲だけの予定でしたが、参列の方々の献花の時間もマリンバで静かにBGM的に生演奏で奏でました。自分でいうのもなんですが、マリンバでクラシックをゆっくり流してみると、それはそれで優雅なオーケストラ演奏のBGMより素朴で凛とした音の流れにもなりました。うねりが過度に鳴り響くより、シンプルながらも脈も浮き出る木片の音。

Img_8610

遺影を飾る花の流れは七戸町から遠望する八甲田山と八幡岳の稜線とのこと。

 

 

 

 

 

 

« 青森の夏へ… | トップページ | 孔雀もお届け! »

日々のこと」カテゴリの記事