« 光へ | トップページ | アラヤのアリア »

2020年1月 4日 (土)

2020年もどっこいよろしく!

Img_8897

新年いかがお過ごしでしょうか。まだ寒い故郷の雪道には立っておらず、これからとなりますが、昨年も髙田雨草水墨画館、そして音窓ARAYAへのご贔屓、ありがとうございます。こちらの写真は髙田の愛した素朴な羽子板(昔から子どもたちが外で遊んでいた片側には少女の鮮やかな笑みのペイントが描かれたもの)と獅子を何気なく飾ったものです。裏の木板には好きな文字を墨で残していたので昨年の企画展に飾りました。

東京に暮らしてから1年に2度帰るか帰らないか、というペースであった青森。それが今ではほぼ毎月の往復となりました。ありがたいことに毎月、何かしら演奏や講座やワークショップにお声かけていただきますが、何よりまた、私には青森ねぶたの参加、その稽古が新しいことであり、新鮮で刺激的なものとなっております。

そして、髙田雨草の墨絵の空間を1年にわずか数日でも企画展として掲げ開館できるようになって、その準備をともなった展示内容のスタディ、それは時に音楽とも連鎖する文化の歴史、人の暮らしの変移、土地と生活、宗教的行事、装飾と人類、計り知れない興味が深まり、私自身にもたらしている時間の濃さは云うまでもありません。しかし、いいことばかりでもなく理解をいただけない一部行政の対応などにも落胆を抱えながらの歩みです。しかし、楽観的な構えで進みましょう。散歩で歩いていた方が、ふと「なんだここは?」と立ち寄ってくれた、そうした偶然は面白い出会いです。

今年の企画展は日程が例年の夏ではなく秋に開催予定となります。でも具体的な日取りが決められておりません。決まり次第またお知らせアップいたします。

私のホームライブ会場と、この画廊と、少しなりとも音楽を積んできた自分にできること、子どもたちが笑い、大人たちがゆったりと時の調べに酔う、そんな故郷での空間、目指したいものです。ま、楽観的にというペースに変わりはなくですが。笑

どうぞお力添えをお願いします。

 

« 光へ | トップページ | アラヤのアリア »

髙田雨草 水墨画家」カテゴリの記事