« 4月の本棚から | トップページ | 芍薬とシャンソンと女優 »

2020年4月28日 (火)

アラン アベル先生

アラン アベル氏が天に召された。91歳、フィラディルフィアオーケスオラの首席打楽器奏者を長年務められた。

アメリカ留学時代、恩師のマイケル ユドー先生がサバティカル(教授の研究休暇期間)の間、アベル先生に習うチャンスをいただいた。

オーケストラの名手にオーケストラスタディを少しと、そして何よりバッハ、シャコンヌのレッスンを受けることができた。忘れられない思い出。

世界中を旅する名門フィラディルフィアオーケストラが日本公演の際、定年過ぎてのアベル氏が奥様とアドヴァイザー的な存在としてオーケストラと同行されたとき、サントリーホール開演前の短い時間に、ANAホテルでお茶をさせていただいた。ホールが変われば演奏する側のバランス、細かな音色の配慮、若い楽団員へのアドバイスも兼ねて、オーケストラ全体のアドヴァイスを任される存在。当時は70代であったかと思うけど、お元気で、そして何よりご夫妻共に暖かく包むようなお人柄に心打たれた。

コロナウイルス感染による死亡と伺い、なんとも悔しい思いにいます。教えを受けた先生の悲しい残念な死の知らせ、、まだまだ若い人たちを導く存在であったアラン アベル先生。今、静かに祈りを捧げます。

悲しみのニュースを知ったその日、私の家に、大切な方からの芍薬の花束が届きました。蕾のままでも存在感があり、重みがあり、葉の緑にも生命力を感じます。その中に一輪、大輪の芍薬。今朝はびっくりするほどの大きさで目覚めの私を元気付けてくれてました。

ありがとう、、本当にそんな気持ちを花へ囁いた朝でした。

Img_0510

« 4月の本棚から | トップページ | 芍薬とシャンソンと女優 »

日々のこと」カテゴリの記事