« アラン アベル先生 | トップページ | エフリコギ男衆 »

2020年5月 2日 (土)

芍薬とシャンソンと女優

Img_0527

今年もまた湘南の芍薬園から配送してくださったMさん、ライブには常連の私の大切なお客様でもあります。大輪の花になるこの芍薬のある部屋はそれだけで贅沢な心地、、ほのかな花の香りに酔います。

ここのところ毎晩聴くのがシャンソン。柔らかな調べにのって、芍薬は女性ヴォーカルにとても似合いますし、愛でて聴いていつのまにか眠りへ、、

ある著名な女優さんのエピソードですが、普段はカーテンを閉め切って生活をしているというお話。朝から暗い中でいるのが一番精神的に安定するのだとか。数多のスポットライトを浴びて、常に人の視線に晒されてきた女優さんだからなのでしょうか。この疫病感染から身を守る今でも彼女はやはりカーテンを閉め切って生活をしているのだろうか。。。

私は朝から太陽光を浴びたいから、カーテンは最大限に開けて多少寒くても窓を開けて換気は必須。この芍薬も朝の顔と夜では全く異なり、昼間の健康的な開花もゴージャスですが、夜の帳の中の方が陰影を作り、強烈な光りを見せたりします。

かの女優さんはもしかしたら暗さを好きというのではなく、暗い中で自分の光を浮き出すように修行的な何かを磨いているのではないか、、プロ根性の訓練なのではないだろうか、、などど花を見つつ全く余計な妄想をしてみました。笑

« アラン アベル先生 | トップページ | エフリコギ男衆 »

美のこと」カテゴリの記事