« 美しい楽器たち | トップページ | 蛍の季節 »

2020年6月22日 (月)

岡本太郎のコロナ

Img_0937

久々に六本木、目的地だった場所の壁のグリーンです。涼やか、、

次に向かったのは、青山で開催されていた写真家おおくぼひさこさんが撮った橋本治氏の世界を覗きに、、

ちょっと驚いたのは、セーターも編んだと知った橋下氏の作品アート。セーターを編む男性、時々そういう人に出会う不思議。

著書を少しだけかじった程度の私、おおくぼさんの写真から橋本治という作家の新しい印象をいただいた。

ちょっと楽しい、そして切なさが迫ってくるような空間。終了日が昨日だったことを会場に着いてから知る。ふー、セーフ!

とても落ち着く空間に、おおくぼさんの花の写真を観ながら気づく。花は花、であはある。でもこの光はなんだろう、、

花を花ではなく存在させている光、花よりも花になり、花を擬人化させるような、、この眩しかったり、くすんだりの影を見せる光、

知られざる花の影、、、優しい気持ちに降りていく。

 

そっと会場を後にする。

やはりまだ人の少ない南青山界隈。

歩き進むうちに岡本太郎記念館の前に、、

幼かった息子と何度か来た場所。今日は、えっ?開館している!!

まだまだ閉館中の画廊、美術館が多い中、混雑だろうかの心配もよそに、こちらも人まばら。

Img_0946

岡本太郎の「コロナ」の冠、そしてその瞠目、どの方角をみているのだろう。

どんな未来を知っているのだろう、、

岡本太郎は今、無言だ。

Img_0957

« 美しい楽器たち | トップページ | 蛍の季節 »

観たこと&聴いたこと」カテゴリの記事