« レコードは呼吸する | トップページ | 夏の風 »

2020年8月19日 (水)

伯母の画廊のこと

フェイスブックで髙田雨草水墨画館のページを作成してから、もっぱらそちらを利用しての情報投稿、申し訳ございません。

フェイスブックをやっていない方でも、公開情報として掲載しているのでご覧になることができますが、でもブログから情報を得てくださる方もいらっしゃいます。長らく情報掲載ができずにおりましたことお詫びします。

夏の企画展、今年は髙田の愛した器展、ということを考えておりました。でもこの半年、準備すらできない社会状況となり、そして8月15日の命日から開催する企画展も、中止となっております。

夏の画廊が賑わい、回顧展と企画展を2年連続で開催できたことは幸いでした。2020年、このコロナという世界で感染している伝染病がなかったら、通常通りわずか3日間の開催なりでも、伯母の作品や、アートコレクションに触れていただくチャンスでもありました。

でも、伯母の声が聞こえてきそう、、

無理、無茶をしたらだめよ、、、って。

チャレンジ旺盛で元気な伯母ではありましたが、こんな事態が起きているなんて、あちらでどんな風に眺めているかな、、と、そう、心配していることは明らかです。決して無茶をしちゃいけない、、、そう肝に銘じて、、しばらくは、画廊も休息といたします。

こちらの墨絵は、私の最初のリサイタルで伯母が贈ってくれた絵。

「道」

Img_0085

 

 

« レコードは呼吸する | トップページ | 夏の風 »

髙田雨草 水墨画家」カテゴリの記事