« 冬読書「井上鑑さんの本」 | トップページ | 2021元旦 »

2020年12月30日 (水)

花に囲まれた1年

Img_1458

南房総から届いた「金魚草」

初めて見る花かもしれない。

プチッと金魚が部屋に泳ぐ。楽しげ、、なんだか心も軽くなる。

この1年、部屋にいる時間は朝陽もありがたいと感じた。

そんな時間ゆえか、花を育てる方々、花を愛す方々との出会いもあった。

こんな時世にも関わらず、花を送ってくださった方々にも感謝です。

母は花が好きで、花を眺めたあの笑顔が幸せそうだった。必ず声にして感動していた人。

この冬は郷里の仏壇に手を合わせられずですが、今は安全な時間に心身を注ぐことも大切。

私は今、フェイスブックで管理している伯母の「髙田雨草水墨画館」のページで、1993頃からの写真による「高田の正月飾り展」アーカイブ写真館を投稿中。年末年始の自分なりのリモート的発信ですが、ここでも伯母の飾りに登場する枯れ木、花、布花などに気づいています。

フェイスブックでの公開ですが、ご覧いただければ嬉しいです。2日目より音を入れて編集しています。編集はヨチヨチですが、こんなこともできるようになったこの1年でした。

さて、振り返れば、バラ園のマダムからは季節ごとに花々、大家さんのゴージャスな菊、ライブを聴いてくれるMさんの芍薬の力強さ、仕事でお世話になっているロック情報満載の才女からの花束、生徒ちゃん達からの誕生日紫ビビットな花、そして正月を迎える今、いつもライブを助けてくれるKさんからのこの春早い花々。

そう、楽しく明るく、そんなメッセージをいただいた気分です。

音符の形にも似ているような、、

Img_1457

自分もプチガーデンで楽しんだ花々もあります。

軒下で栽培しているグリーン、、、ああー早く次の春が来ないかな。

穏やかで、マスクもいらない春を待ちたい。

Img_1451_20201230111301

寒波のニュースです。どうぞ、温かくお過ごしください。

 

« 冬読書「井上鑑さんの本」 | トップページ | 2021元旦 »

住まうこと」カテゴリの記事