« リズム文化 | トップページ | 銅鑼娘 »

2021年2月23日 (火)

プチ旅

パリの街風景の写真を見ることが好きです。

ドアノー写真展は十分に満足させてくれる展覧会でした。

特に音楽の視点からの展示は興味津々。

第二次世界大戦後の街の活気、音楽家のポートレートもいいのですが、それ以上に、映画でしか知らなかった歌集売りの街角の写真や、市中音楽隊がスーツ姿で練り歩くその小太鼓、大太鼓のむき出しの楽器の生き生きした感じとか、見入ってしまいます。

本当に欲しいポストカードはそんな風景ですが、ショップに並んでいるのは、美しい女性音楽家たちの佇まい。もちろん、惹かれます。

また今夜もフランス映画を楽しみたい気分です。

Img_1975

感染対策もしっかりで、会場は混んでいません。

詩集やCDなど、今聴きたいもの、見たいものを購入し、心だけでもプチ旅。

(東急文化村ミュージアム)

« リズム文化 | トップページ | 銅鑼娘 »

観たこと&聴いたこと」カテゴリの記事