« マリンバで5度目の国立劇場 | トップページ | 服、断捨離ならず。 »

2021年8月15日 (日)

仕事するお盆も、いいね。

いつもなら、東京から離れている時期ですが、、

コンサート、リハーサル、講座と続きます。楽器を積んで走る、バラフォンも悦ぶ!

3d61c4f3b020419699af3e9ecf82a7bc

都心部の保育園、緑や自然の環境が少なくても、工夫次第で十分に充実する園内の生活を覗かせていただきました。

この日は、マリンバなどは運ばず、自然の打楽器を中心に工夫した内容で園児への内容を。

久々にストーリー仕立ての「木の旅」

驚くことに、園内の木材は青森県風間浦村の木材店から運ばれたもの、青森ヒバ100%とのこと。

床、壁、机や椅子、棚、道具などが全て青森ヒバ、板橋区の保育園にこの環境、こだわりを感じます。

B374bbf023cd43bdbdeb8a839c754ff7

体ごと聴いてくれる園児の姿は嬉しい。

おしゃべり太鼓(トーキングドラム)を打ち出すと、じーっと、不思議な音空間に耳を澄ます園児たち。

ドレミをなるべく用いずに、音楽以前としての体験を。

B36afd2085b14af2adcb208d79fa524b

予定より到着が早かったので、朝の園の様子も拝見できました。

私の翻訳絵本「こわす」「たてる」(福音館書店)、が登場している!!

保育士さんたちが、絵本のページに少し解説も加えながら、園児の表情を確かめながら読んでいます。

6f492711383e4af48f63b98b99130a4f

20年前の私の打楽器クラスにいた、山下真由美さんが、園長!ご夫婦で開園して10年少しとのこと。

すごいな〜〜保育園を作っちゃうなんて。若い女性と出逢う日々が多くなり(つまり、こちらが年齢を増しているってことだけど)、女性の輝きに接すること、漲るパワーがこちらにも流れてきます。開業する女性たちのエネルギーから学ぶことは多いですね。

写真はプロカメラマンのご主人様。

私の洋服、偶然にもはあもにい保育園の音符と色彩リンクなり。

A47e8ee535d64e098be9e330188ee328 

 

 

 

« マリンバで5度目の国立劇場 | トップページ | 服、断捨離ならず。 »

アーカイヴ」カテゴリの記事