« 2024年6月 | トップページ

2024年7月の投稿

2024年7月15日 (月)

お盆ライブ2024

Img_4078

いつもよりお知らせが遅くなっていまして、、手元には宣伝材料の紙がまだ届いておりませんが、、

ご予約は本日より受付となりました。

この夏のホームライブは8月11,12,14日の3Daysとなります。

バラード、花の歌たち、6月の八王子お寺ライブを再構成してのお届けです。

そして、伯母で水墨画家だった高田の13回忌となる夏、画廊から屏風絵を僅かながら運んで、マリンバに並べようと思います。

伯母の屏風絵は人気で、私自身も好きな構図のものが多いのですが、音窓ARAYAのスペースには並べるにも限度のある空間ですので、もしかしたら1つ、2つ、、だけ。

それでもいつもの音空間とは違ったものになることでしょう。

実家でライブをやるようになって7年目、、1年に2〜3回の開催年もあったし、コロナで諦めた時もあったし、、数としては企画内容14回を7年間の中で弾き、歌って、共演して、、きました。なによりもお客様の声に導かれて継続が叶ってきました。ありがたいことです。

また画廊に住み、管理していた高田の姉の7回忌でもあり、、と、二人の伯母のサポートは両親亡き後も私へ注がれ、、祈りや感謝も込めたライブ、音を紡ぎます。

お客様にはそういう内内事情よりも、何より楽しんでいただける内容を考えております。今回のテーマ、花、バラード、新谷オリジナルも含め、喜んでいただけるひとときに、、

お盆の真っ最中ということでもありますけど、もしかしたらいつものように帰省中の旧友がやってきてくれたり、というびっくりもあったりするかな、、どうかお誘い合わせの上、お越しください。

ご予約メールは新しいご予約専用メールへお願いします。

otomadoyoyaku@gmail.com

今回は屏風絵を飾る都合上、椅子の配置が少なくなります。

ゆったりと、聴いていただけるように、、

夏の午後、、いい時間を創ります。

2024年7月 9日 (火)

なんの色がいいかな、、

少し滞っておりました、ブログ。いろいろなことがあり、それを綴っているのは時々SNSが多くなってしまいますが、ブログのページにアクセスするより簡単であるという理由だけですが、自分振り返り日記のような、忘備録のようなツールが世の中に増えすぎていることを理由に、書き残しておきたいことを簡単ツールの方にちょこっと、、という具合になりました。反省、、

このブログで私の生存を確認してくれる人もいますから、笑、こちらを怠ってはいけませんね。

Img_3832

新しい敷物がやってきました。タイの楽器、ラナートが似合います。ラナートは打ちだすと止まらないくらい面白い竹の音色です。

でも、天候やこの湿気などからあれ?昨日と音程が違う、、狂うのですね、、これはなかなかセッションには難しい楽器ですが、自分の一人歌いや創作には問題がありません。好きな音階を見つけられることもあるし、でも、自分が作った旋律が数日して打ってみると微妙に最初と違っている、感覚が違ったものになる、あるあるです。

それから最近の変化といえば、やはり歳を増すということの現実味について

以下のマレットは自分が選んだ軽さ、でも芯のしっかりとした音色のマレット。更には肢の長さを短く切っています。指への負担を減らすことは大切です。若い頃には重いものを頼りにしていた、ということがあります。今だって思いマレットを持ちます。でも長時間のライブに耐えられるもの、音質が豊かなもの、私の使うグリップは指に負担がかかりやすいので、軽さ、長さの調整が優先事項になりました。

細かいこと、別にこれを読んでくださる方にはどうでもいいことではありますが、でも、でも、、負担をかけたままで継続する怖さも知っています。私は腱鞘炎になったことがないのですが、先輩の奏者は手術までしています。現役生活を継続するために、、、またアメリカの女性奏者は練習時間よりマッスルトレーニングの時間が多いとか、

そうです、、健康管理と共にある通常の生活のありがたさ、、

私は何かあるとすぐ通院パターン、これも見直しなくてはですが、自己回復力、、さて、本当にそういう齢がやってくると、音楽活動の内容にもさまざまなことを考えます。

Img_3866

昨日は、そうした女性の身体とアート活動ということを考えるに相応しい公演を見てきました。

場所は六本木、俳優座劇場。若い女性も、私より年増の女性も、その舞台の上で見せてくれたもの、こちらへ提示してくれたもの、

若さや老いと向き合った時、過去と同じもの表現をする必要はない、今何を思うかを表せばいい、、これまで何を知ってきたかを問えばいい、

そんなこと知っていたつもりだけど、道具もない身一つで踊る女性たちを見ながら、勇気というよりは確認、確信めいたものをいただいてきました。

好きな劇場は来年の5月に閉館、、さみしいものですね。好きな小屋が一つ消えてしまうこと。20代にはよく通った場所。

Img_4054

ツルツルの新しいホールや劇場が多くなっている東京、、昭和からのレトロな建物を保存して欲しいものです。

昨日は六本木ヒルズの森美術館にも出かけました。都知事選が終わったばかり、、本当に緑地を増やすのか、伐採したら100年単位の樹木、、20代の頃、東京はすこぶる元気に見えた。今は、、、?

自分の心の変化も見つめながら、さあ、

私は何になろう、、どんな色がいいかな、、(最近歌っている藤井風の歌詞、、いいね)

Img_4060

 

« 2024年6月 | トップページ