カテゴリー「音のこと」の56件の投稿

2019年10月13日 (日)

今朝の音、昨夜の音

台風で締め切っていたシャッターを開けると、鳥の声、普段は音のない小川に濁流の音。近くの大家さんの土砂が崩れて流木などが駐車場前に土にまみれて横たわる。こちらはこれくらいの被害で終わったものの、テレビ放送やSNSでみる悲惨さに驚きます。

日本の地形を見れば、誰でも川の近くに住んでいることになるのではないでしょうか。山から海までの距離が近く、列島をその山々が司どり、海辺までのわずかな平たい地形を選んで住み、日本列島はその自然から恵みを受けていることが明らかです。どの場所にどんな台風がきても、何かしら、私たちは自然への畏怖を感じながら生きていく運命にあると思います。小さな川、大きな川、ずべてが繋がっている。

私は小学生のころ、近所が浸水するという大災害を経験していますが、橋が壊れ落ちるのをみる恐ろしさは今でも忘れていません。濁流の勢いというのか、あの凄まじさは幼い体に音さえも記憶に残っています。

新しい橋がかかった時に、もうこれでこの橋が流されることはないだろう、、と小学校までの往復、毎日渡るたびに思ったことも覚えています。今、日毎仕事で通っている頑丈な橋が折れた惨事をテレビで見れば、もう、何が起こってもそれを「まさか」とか「ありえない」などという言葉では言い表すこともできない。大地や空の狂いが生じているのだろうと感じます。

どう生きていくか、ということさえ考えます。昨夜、久々に聴いた音楽が心に沁みました。植村直己物語のCDサントラ盤です。冒険家をイメージするこの音楽は決して挑発的なサウンドではなくむしろ、環境音楽的な沈静のギターの響きがあります。自然へのリスペクト、そんな心情を抱かせるサウンド。ドキュメンタリー映画への配慮なのか、静かにヒーローを映し出す効果の音楽なのだと思います。音楽はどうやって自然に寄り添えるのだろうか、ということを思います。そこに自然があれば、そこに人工的な音楽など必要としない、と日頃思っているからです。

最近テレビでみたドラマのBGMのあまりの不味さ?なんというのかな、あの奇を衒うような音の扱い、、これは最近疲弊するくらいなんですが、また美術館紹介や美術作品の背景に流す音楽のあの邪魔だなって思ってしまう一瞬とかをその生理的にいやーな感じを、自分の内側に求めているものはなんであるのか、というセンシビリティを忘れずに音楽の仕事を続けたいものだと、感じます。

 

2019年8月30日 (金)

新しいホールにて

9c48c62c1ae4493bbf3b8688b4b76f21

明照保育園さん、新しい園舎おめでとうございます。楽しく訪問ワークショップ。

積み木に楽器ディスプレイ。

ここで課題が!新しい場所は必ず響きも新しい。まだ木材など環境資材に空気が滲み透る前段階。だから直ぐに音が反り返り、つまり万事速攻反響しあらゆる音が混じってしまう。

こんなとき、どんな音楽会が相応しいか、よーく考えてみました。

次回のお楽しみ^_^ということで。




2019年8月21日 (水)

音、リフレッシュ!

4df87ac62ecf451bb9a6d60031dce1d1

とは言え、やはり楽器に触れる幸せは格別。ゆっくりリターン。明日は保育園でのワークショップ、ミニコンサート。練習しながらリズム、メロディ、ハーモニー、が全て新鮮に感じる。やはり脳内にはリフレッシュ感覚必要です。がむしゃらに音楽漬けが当たり前だった若き頃とは身体感覚も異なるわけですから、生理的に音が体に通る経路は時間、環境、心理に正直な状態で選別されていくのかもしれません。

Dfd006c55dd041b4b0e806bebda11e55

あまり自撮りはしないけど、今日はリフレッシュ記念日ということでお許しください^_^


散歩すると、大きな木が多い故郷の町だと気付きます。明日は晴れかな?

0c0237639377478aa8bd57b6a195da86

2019年4月25日 (木)

4月の纏い

木を精巧に組み合わせてずっしりと建つ寺院。

ずっと奏でていたい、そこに誰もいなくても、、流れるように想うままに、、

4月の風を纏いて、、

故郷の金剛寺にて

Img_8085

2018年11月26日 (月)

シルクモヘア

1c4e9d05e391417bb4079cae12a8207f

シルクモヘアで巻いてみました。
芯の強さを残しながら、ふわっとした最初のタッチがクッションになりますように…
広い会場、子どもたちの耳にクリアに聴こえるように。

2018年3月14日 (水)

磨く

Ce2f8f2fecbb4a1f93f8a7f0d95cdb08

美しいジングル、繊細にカットされた木のフレーム、枠部分を握ると触れた分だけのジングルの振動を感じ、優雅なシャリ~ン。
磨く。
ひとときの贅沢なシャリ〜〜ン。

そして、昨日いただいた美の紅茶。心穏やかにいただく朝。
パッケージにうっとり!
温かな陽射しさえ味方。

1d7dd3c4285d45d48648d9f6b400f128


2017年12月14日 (木)

やはりドラムは最高

45c82d47bbc147e9884e306496ecb221

はしゃぎました💧
ドラムは私の原点。
リズムを刻む、織る、止める、間を切る、大胆なことが可能になるドラム。
やはり自分還りの楽器だ。
誰に聴いてもらう、もない。
ただ、ひたむきに、時忘れて打ちたくなるのだ。

2017年9月23日 (土)

最近のインタビュー

http://www.marimbaone.com/interview-shoko-araya

アメリカ、マリンバワン社から日本語インタビューを受けておりました。
マリンバワンのフェイスブックで3回に分けて投稿されました。
読んでくださる方が多いということで、このたび優秀な日本人スタッフのおかげで英語になって掲載されております。

質問はメール上で送られてきましたので、回答にはわりとストレートに、あまり考え考えしながらというより、今の想いを伝えました。
脳内でぐるぐる回り道する言葉を探るより、即刻に浮かぶ考えや、言葉を述べました。

日本語がこのような英語になると、その言葉から浮かぶ感覚を察知する言語センスに託さなくてはなりません。インタビューは何語であれ、毎回ヒヤヒヤして読むことがありますが、このたびは日本人スタッフMさんのセンスに脱帽。
きちんと言葉に向き合ってくださる姿勢に。

2017年8月25日 (金)

晴れの音

Img_4645

あのまま涼しく秋に、はやはりなかったですね。
地下鉄から地上に、都心は酷暑。

オカリナ奏者の君塚仁子さんの曲にマリンバを録音しました。
暑くても録音の日はやはり晴れが吉。
マリンバの音も乾いた生き生きサウンドになります。

君塚さんののびやで大らかなオカリナの音色は素晴らしい。

2017年5月 9日 (火)

爽やかな再会

Img_4067

夏来る前に爽やかな風薫る季節、にしては暑い昨日の昼下がり。
オカリナとのセッション。
軽やかで明るさを感じる音。

ちょっとテンパっていた日々から離れ、オカリナの君ちゃんと新しい試みをしてみました。
どんな形になるかな、好きな音はたくさんあるけど、五月には似合う音ってあるな、季節の声だな。

より以前の記事一覧