カテゴリー「日々のこと」の58件の投稿

2017年3月11日 (土)

あの日も

穏やかな空と新しい土の匂いがする日、あの日も今日と同じような日だったと記憶しています。

まだこの世界のきっとどこかにいて、誰も探せない場所に辿り着いているかもしれない、そういう命のゆくえ、を私たちは忘れてはならないのでしょう。

生かされていることを普通に思ってしまう日々ですが、生かされるという受動的な言い方よりも、生かされていると知るならば、生きる、精一杯。
いえ、気を張った言い方ではなく、、、
生きることもまた責任ということではないか、、
まさかの死を受け入れなくてはならなかった人たちがいる限り、、、

2017年3月 9日 (木)

練習充実

Img_3722

練習部屋に欠かせないもの
加湿器
温かな飲み物
メトロノーム
タオル

充実した練習終えて、そんな日に開きたくなる本

Img_3723


2017年2月19日 (日)

ゆらぎ

地域の奉仕活動で朝5時半に出かけていった息子、私も久々に早朝起き!

蒼い月が輝き、そして太陽がゆっくりと昇る。
この営みがただ続く世界にいるという不思議など、、忙しいときなど考えも及ばない。
バイクの音が空まで届きそう。新聞配達のお兄さん、お疲れさまです。。
ザクッ、、新聞受けに重たい新聞がさし込まれる音。
少し風は冷たいけど、窓を開けっ放し、太陽もいっぱい取り込める日曜日。
2月、いつもなら雪の心配する頃、、
ゆらぎ、、ゆらぎ、、いい日に感謝。
Fullsizerender

2017年2月12日 (日)

Img_3628

湖面も日曜日
真昼は風も休んでいました。

音楽も本も珈琲もいらず、身体をぽわん、で充分。
休日の過ごし方が下手な私には、まずこの場所目指す、が目標。

今、新曲練習など盛り盛りの日々。外気は音楽練習にも効果あり、です。

2017年1月31日 (火)

笑顔に囲まれる

リズム講座に参加してくださる森田先生の教室の発表会にゲスト出演しました。

講座参加の先生方が駆けつけてくださりました。

音楽する喜びを分かち合っている方々です。
笑顔に囲まれること、、
素晴らしい気をいただいている。
Fullsizerender

そして、昨日、、4年間指導した学生二人が卒業試験を終えました。
こんなにくしゃくしゃの笑顔で

山あり谷あり、、、清らかな流れも見て、、
人は進むのだ、、ただ、黙々と、、それだけだ。
Photo_2
Fullsizerender_2

2017年1月23日 (月)

軽く軽く

Img_3558

遠くに高尾山
歩きながら、頭いっぱ〜い、を軽くします。

Img_3556

この子たちだって潜り疲れたかな、ゆっくり浮いてるじゃないか。
歩こう、軽やかに。

2017年1月15日 (日)

年始行事

繋がる地、ふと静寂に還る場

Img_3551_2
鳴る皮、振る身、振動は心動
Img_3538_2
夏にはこちらの龍見寺でまた演奏の機会が巡りますように。
音澄みわたりますように。
心して、、、

2017年1月 2日 (月)

謹賀新年2017

Img_3489

あけましておめでとうございます。
窓辺のマリンバを読んでくださる方々へ。
どんな新年をお迎えですか?
時々、感想やご意見などもありがとうございます。

2017もよろしくお願いいたします

さて、また新しい陽が昇りましたね。
実家の窓辺、ここはアトリエではなく母の仕事場でしたがマリンバを置くと音が良い感じ。

天候に合わせて、大晦日にご先祖参詣しました。
元旦は89歳になった最後一人になっちゃった伯母の見舞いから始まり、笑顔に安堵はしましたが、見舞いの後は、なんだかいつも胸のあたりに、ひとつ留まってしまう心残り、寂しさ、自己嫌悪のようなもの、があります。母を亡くしてから二人の伯母に支えられてきたこと、、多くはこの伯母たちに頼ってきた自分、、

似たような心境を親しい友も話していましたが…

それにしても昨日は穏やかな元旦。
従兄弟の運転で息子と3人、湖畔ドライブ。
静かな美しい風景、うっとり。
白き鳥もあまた舞う中、白き雲に鳶?
ちょっと威厳さえありました。

Img_3469

 

2016年12月24日 (土)

暖クリスマス

部屋の窓を開けて、午前は大掃除。

明日クリスマスコンサート、そんなこんなで、ここのところクリスマス楽曲なども新しく歌っていながら、あれよあれよと、今日がクリスマスと気づいた次第。
日々が慌ただしく過ぎている。明後日はリハーサルもまだある。

さてと、今夜はチキンディナー、いつも通り、温野菜と一緒にシンプルに、ケーキはモンブラン、シャンパンはどうしよう。飲みきれないからやめとこう。

Fullsizerender

2016年11月29日 (火)

さあ、もうひと頑張り。

演奏する日の天候はとても気になるものですが、日曜日は七戸公演、青空も広がり開演を待つお客様も寒い思いをせずに並んでくださったようで安心です。

昨夜東京に戻る新幹線、乗車前の夕暮れ雨に混じって雪、、今朝の友人からのメールではすでに銀世界、、とのこと。

楽器移動にしても、お客様のお足にしても、、雪と寒さがコンサート終えるまで待っていてくれたのかな、、とね。。思います。

予想を上回り、300人以上のお客様が集ってくれました。活動を知っていたけど、30年一度も聴いたことがない、来てよかった、という方もいらして、、
多くの反響をいただきました。
地元で演奏すると、亡き父母の思い出を語ってくれる方とも出逢います。
ありがとうございます。

今朝は、地元の特産物がたくさん届きました。
さて、、ホタテ、、さて、どーしよう。
東京ライブは明後日。
身体にいいものたっぷり頂戴したので、スタミナ越え。

七戸町、ふるさとの場へ立つ喜びに満ち、
ボディパーカッション共演の小学生、高校生、音楽指導者の皆様などの笑顔、
常なる励ましを下さる方々のおかげでまた一歩と進みます。

Fullsizerender

より以前の記事一覧