カテゴリー「住まうこと」の20件の投稿

2018年6月 9日 (土)

夕暮れカーテン

7月のお寺でのコンサートのご予約がいっぱいになり、スタッフの仲間と増席もレイアウト決定して、それでも今朝もずっとご予約の問い合わせがあり、あー、本当に嬉しいことであります。


しかしながら、快適に過ごしていただくために、ご予約受付は本日で終了です!! 感謝です。
このブログを読んでくださって、早くから予約くださっている方、はい、大好きです!!!笑
そんな今日は、部屋で集中的に仕事をしています。
時折、時間を見つけてカーテンの柄を探しに行きますが、なかなか好きなものを選べません。
無地のブルーの布を垂らしたい、でも、好きなブルーまだ探せない。


ですから、最近は、スカーフを組み合わせて垂らしています。季節ごとにスカーフ柄を取り替えていたら、なんだかこれはこれで、、よし。
現在の組み合わせが落ち着いています。

真ん中はケンゾーのスカーフ、絹刺繍です。
カーテンにしたら部屋が素敵に見えてますから、自分の首だと自分で見えないから、、ここにいっとき、、お許しいただきます。wine

今日の仕事内容がちょっといい感じの方向に、、、
カーテンは大事!
Img_6174

2018年3月29日 (木)

何事にも順序ありて

4d573e139e7e47d5b42592b3f2076801

咲いてますよ。
大丈夫、大丈夫…
福寿草にクロッカス…水仙もそろそろ
お墓に移植した枝垂れ桜はまだまだね。
長い枝はまだ少し、冬の寒さから労って、遅れ春となりますから。

7f1557ecd02741da89840e8a191c2591


2018年3月27日 (火)

花、楚々として

E663525b828e45299aba93e3f2f71b0b

花飾りはホームコンサートの楽しみの一つ。
玄関には、友人が寄植えをそっと置いてくれました。なんともサプライズな出迎え。
心潤してくれます。

室内には、先ほど近所の温泉で売っていたサイネリアを一つ飾りましたが、留守の間は水やりできないのでホームコンサートが終わったら友に託します。

D373f089633d4dbfb0fa13449a8c6ce0

常に玄関には花をたくさん飾っていた母を想います。
住む場所に光注ぐため、窓を大きくした母、花を飾ること、歌うことが好きだった母、
今の私かな。

2017年12月 9日 (土)

ヤマセ吹く

冬の家
あっためていないその家に入ると、キンキンに冷えた冷蔵庫みたいだ。
ヒーター点火、エアコンのリモコンに急いで走るもなかなか暖まらないなー。

夕方あたりから家に吹きつける風はヤマセだ。
キシキシと家のあちこちが唸る。
こんなのは北国だけだろう。

子どもの頃からこの風の音は怖かった。
畏れの音だった。
それは今も変わらない。あの頃はヤマセが古い木造の家をもっと打ちつけたから、母に近寄り布団を被って眠ったっけ。

1人で過ごす部屋の壁紙を花柄に替えたのは、風の怖さから和らぎたくて…
でも外にはあの頃と変わらぬ風がふきつける。
Cddf1c941c144210b60c643d31f62360


2017年5月17日 (水)

緑のドライブ

新人ドライバーの息子と初乗り
緑の道を選んで、夕焼け小焼けの里まで同乗しました。

なんともジェントルな模範的運転でした!
ワタシ、も一度車学校行こうかな。

安全確認は第1。
運転はメリハリ!
なんだとか。


Img_4128

高尾周辺はいい道が多いです。
緑もりもり。
カラダをチューニングできる水辺、また探しました。

Img_4135


2016年12月10日 (土)

訪問者

Img_3307

懸命にその形を保とうとしている。でも花弁が一枚一枚緩やかにしなりはじめていくとき、色の翳りが生まれる。
花びらは鎧を脱いで、光を落とし優しい花になっていく。


Img_3301

いつもの場所に新しい訪問者が…
そんな色彩纏う花。はじめまして。

2016年11月19日 (土)

暖色の部屋作り

先日、藤田嗣治展で気に入って購入したバラの絵のプリントを木枠の額におさめて、練習室に飾る。

冬に向けて部屋の照明や絵を変化させてみると、気分もぽかっと。
長い時間、狭い練習部屋にいるためにはちょっとした工夫が必要ということで。


Fullsizerender

2016年10月25日 (火)

冬へ向う日

まだ秋空を楽しみたいけれど、ぶるっと震える朝になりました。

ガーデンシクラメンを店先でみつけ、植えてみました。外植えで良いと書いてあっても、シクラメンは室内でも保持が難しい花だと毎年感じています。今年は毎朝呼びかけて元気に咲いてもらおう!

Photo脇からはパセリが、、
Fullsizerender

2016年10月24日 (月)

秋の一日

里の秋、静かな杜。

この地域に住んで四半世紀。
でも、まだまだ知らずにいる神秘の空間。

大日如来座像が鎮座しているお堂。
お寺ライブをさせていただく龍見寺さんのお山はいつも優しい佇まいです。
11月1日は東京都文化財特別公開日ということです。

いつも佳き風を仰ぎながら音を奏でることができておりますので、今年こそは一年に一度の公開日にぜひ拝観、と予定しております。

お近くのかた、、ふらっと散策おすすめの場所です〜
伝説も残される池、お地蔵さん、里山の憩い、
私は耳の休息のために歩く場所が増えています。

Img_3015

2016年9月 5日 (月)

紫の朝

紫の薔薇とカーネーション。

昨日出演したコンサートで大きな花束をいただき、玄関の壷には百合をざっくりと、リビングの備前焼にこちらをざわっと。
朝はまだ暑い東京。だけど風の気配は秋。
このような色あいの花を朝の窓辺に置いてみると、、
さあ、、この秋、どんなストーリーがめぐってくるのだろうと、、
色彩がちょとした冒険の風景にもみえて、、
Fullsizerender

より以前の記事一覧