カテゴリー「出演情報」の110件の投稿

2022年5月 7日 (土)

お寺ライブの再延期について

まだ正式にライブ予告も示しておりませんでしたが、すでに、お問合せや前回のコンサート案内でお知らせした場所もありました。

毎年のお寺ライブ、今年は6月の予定でおりましたが、諸事情により延期といたします。

これは誠に勝手ながら私の個人的事情であります。普段通りの生活ではありますが、音楽をする時間、 身体の声をもう少しゆっくり聴いて、歌を、さらには湧き上がる言葉を練る時間、さまざまに解ける時間が必要であると判断してのことです。

大袈裟なことでもないのですが、夏までにいただいていた演奏の仕事については延期とさせていただきました。

やらない判断というのは、コロナのような社会事情と理由を異にする場合、勇気が入ります。振り返れば、自分から延期を申し出ることはこれまであまりない、ほとんどないとも言えますし。音楽への責任ということも、今まで以上に考えての判断となりました。

タイミング良き、という言い回しは「時のせい、時に任せた」言い分のようで、あまり使いたい言葉ではないのですが、時ばかりではなく、あらゆる意味においてバランスを保ちながら人と音の間に在るべきもの、人とは自分であり、他者であり、、そこに在る音楽の責任、自由性、生活と切り離せない音楽に現る要素、そこから何を立ち上げていくのか、、、、。

積年、思考を積んでいるはずだと思っていた自分でも、案外、流れるままの日々であったかもしれない。

先日の休暇には、お寺ライブを継続させてくれる仲間とゆっくり会話、そして美味しい食事をしました。

Img_5236_20220507102301

鯉のぼりが泳いでいました。(^^)

いつも私を支え、そして導きをくれる友がいます。ここにも遠くにも、、、

他者でありながら、自身の体のように受け止めてくれる友がいます。ここにも遠くにも、、

Img_5245

5月の風を仰げば、なんだか全てオーライ、という気分にもなりますが、ところがどっこい、そんな日々だけでもないことを知らされながら空を見上げます。光はあります。雲もあります。恵みの雨も、、強い陽光にたじろぐことも。

それが普段の空。そして人生に巡る空の色、さまざま、、でしょう。

 

さて、そろそろ、ライブ盤リリースの日も近づきました。ご予約くださった方々、お手元に届く日をお待ちください。

作ってよかった。本当に、、そう思えるアルバムとなりました。

いただいた手作りのバックにお弁当を忍ばせて、新しいスニーカーで、てくてくの1日でした。

Img_5266

 

 

2022年4月 4日 (月)

ウクライナ人道支援募金コンサート(故郷でこそ)

愚かな、愚かとしか言いようのない、、手の施しようもないような恥ずべきこと、、そんなことが、現実に起きている。

テレビの中で子どもたちが泣いてる、老婆が嘆き苦しんでいる。若者が声を振り絞って現状を訴えている。

それは現実に起こっている、、この息苦しい時代に、何ができるのか。

できること、それはなんであるのか、、

故郷の女性たちが立ち上がって、小さいながらも力を出し合っている。

ここに、立ちたいと思う。声をかけていただいたことを感謝して、誠心誠意の音を奏でます。

 

Img_4975

 

 

2022年3月14日 (月)

音の風景、とんとんとん

Photo_20220314201201

親子でゆっくり生の振動を〜

 

2022年2月19日 (土)

ぶらっと10分ライブ

ひまわりハウス、それはいつも私の活動の一つ、お寺ライブを支えてくれるたんぽぽの輪の親子支援活動の空間でもあります。

ここに昨年購入した小型のマリンバを置いています。不定期ではありますが、今年からこの楽器を介して親子との触れ合い、私の10分ライブなどを実施します。

昨日はさっそく音出しをしてみました。親子でくつろぎ空間に遊びに来ていたお子ちゃんが、マリンバに夢中。

大人も新鮮に取り込んでくれます。お子ちゃんはまろやかな音の出るこの楽器に目をパチクリ。そして早速音出し。

私の10分ミニライブは、ピアニストの繭子さんも来てくれて、ジャズのあの名曲「on the sunnyside of the street」に挑戦。マリンバでこの曲はいかしてますよ〜。これもう少し深めたくなりました。

お子ちゃんには流行りのアニメソングなどはあまりやりません。これは私のモットー。童謡の美しさを聞き知っていただくために、私自身の好きな童謡、たまには優れたアニメソングも含み、それらから選曲。

この写真は私の演奏後にマリンバに触れてもらった二組の親子さん。お子さんはよーく見ています。マレットの持ち方、音を出す所作などが、何も伝えずともこんな感じに。とても集中しています。

そして、ここではお稽古はしません。楽器で対話する時間をじっくりと観察し、音をストレートに身体で感じ取ってもらえる空間になるように、そんなことを考えています。

Img_4656

 

2022年2月15日 (火)

3月と4月のコンサート

一つ前の投稿、「冬の線路」ご視聴ありがとうございます。反響が大きく、映像と共にこの曲が新しく線路に乗って旅をしました。

アルバムの中に埋もれていた曲であったかもしれませんが、ゆっくりと冬の線路を走り出す、、

自分の内側に作る景色、想像の景色、現実の景色、

さて、、

3月に予定しておりました恒例のお寺ライブはコロナ感染者数が多い現状を鑑み、延期といたします。

そして、実家ホームライブで初の親子向けコンサートも予定しておりましが、こちらも3月には開催は無理そうです。

どちらもご案内フライヤーを印刷する間際での判断、12月の調布市でのコンサートの折にプレ案内をしておりましたが、残念ながら安全優先にて3月はお休みといたします。

 

4月のコンサートご案内です。

4月16日

パイオニア株式会社 身体で聴こう音楽会 第264回定期コンサート

新谷祥子マリンバ弾き歌いコンサート

内容詳細は以下のリンクにてご覧ください。お申し込み案内がございます。

https://jpn.pioneer/ja/corp/sustainability/karadadekikou/schedule/

Img_4638

Unknown

 

2022年1月12日 (水)

ロックスピリット!

新しい1年の始まり、、その音、音楽、セッション、、そろそろ。

ご予約情報は以下からご覧下さい。

今回の曲のセットは特別。迷いもなく選んだ曲ばかりです。このセッションの場を授けていただけること、幸せです。

https://www.shokoaraya.com/Concert&Live/index.html

Img_4407_20220112184801

 

2021年12月25日 (土)

新年の音始めはチャボさんと

昨年9月に予定されつつも、諸事情で延期になったライブ。

新年はこちらから始まります。

心はエキサイティングです。ぜひご視聴のほど、よろしくお願いいたします。

無観客生配信ライブ
仲井戸"CHABO"麗市 × 新谷祥子 Duet[2022年 Duet LIVE 音始め]
2022年1月19日(水) 19:30 open / 20:00 start


仲井戸"CHABO"麗市(ギター・Vo.) × 新谷祥子(マリンバ・歌)

■アーカイブ配信:1月19日(水)~1月25日(火)23:59

Online0119_y1_2

ご購入方法

チケット料金:¥3,500

イープラスの「streaming+(e+)」にて販売・配信
■チケット販売期間:12月26日(日)10:00 ~ 1月19日(水)23:00まで
■チケット販売URL:https://eplus.jp/sf/detail/3539040001-P0030001

【ご利用方法の流れ】
(1) イープラス会員登録して、ログイン。
(2) 販売ページよりチケットをご購入。
(3) 視聴方法は、事前に届くメールから視聴ページへ。
  または、streaming+(e+)にログインして、「申込み状況照会」から視聴ページへ。

※購入方法、視聴方法、アーカイブ、トラブル Q&A等については、以下のサイトに詳しく載っておりますので、ご参照ください。
https://eplus.jp/sf/guide/streamingplus-userguide

【ご注意ください】
*公演2日前からはクレジットカードのみの対応となりますのでご注意ください。
*日本国外での購入・視聴はサポート対象外となっておりますので、ご了承ください。
*生配信終了後、アーカイブに移行するために動画データを生成する時間がかかります。その為生配信終了直後の一定期間、動画が再生できない状態になります。ご了承ください。

2021年12月18日 (土)

世界の歌、日本の歌(新谷の歌も)

こちらへの出演情報、すっかり遅れてしまいました。

いよいよ月曜日、12月20日です。

笠井志乃さんとのリハーサルが昨日終了。月曜日の本番を待つばかりとなりました。

いえいえ、まだまだやるべきことがたくさん。最初にこの役割をいただいたとき、全曲をマリンバ伴奏で歌う、、??全部ですか〜〜?という状況に狼狽えていたことは事実です。でも、、なんとかそれは可能かもしれないという今、志乃さんからいただいたたくさんのこのマリンバチャレンジへの可能性に、感謝の方が増しています。

昼の部は満席(通常よりお席数を減らしております)

夜の部は当日券もございます。調布市仙川駅から歩いて数分。

安藤忠雄ストリートとも呼ばれるモダンな建築の立ち並ぶ通りにあります。

以下のフライヤーの情報が切れていてごめんなさい。

より詳しくは、私のホームページのコンサート情報ページからご覧ください。

それにしても世界、日本にはこんなに美しい曲がある。それは知っていても、聞くのと弾くのでは大違い。

母にも聴かせたかったな、、日本の歌をこよなく愛した母に、、と、思うこともまた、この公演への立ち向かい方を明るくしてくれます。

どこかに光の小窓があるようで。

そんな歌の数々です。

新谷のマリンバ弾き歌いも、という志乃さんのリクエストがあり、2曲歌います。

ほんとはそんな余裕がないっ!くらいの難曲ばかりの伴奏役割ですが、NOという選択もなしや。

心込めて、、そんな日にいたします。

ぜひ、ぜひ、是非、聴いてほしい内容に仕上がりつつあります。

993abe8dee0645aeb923e40f55ccabb9

 

 

2021年11月25日 (木)

親子向けのコンサートです

もうお席はいっぱいのようですが、、八王子市学園都市センターホールでゲスト出演します。

長年お世話になっているたんぽぽの輪の主催による第1回親子コンサート。

今回はちょっと珍しい曲を選びました。先日出会った小型マリンバをこのコンサートで弾き初めします。

Photo_20211125230901

今朝は、仕事先の大学で早朝からこのコンサートで選んだ曲の木琴練習。

朝陽に楽器を移動して、爽快なひととき。

おそらく長く誰も弾いていない木琴、息吹を、、目覚めを、、

楽器のある風景は心を和ませます。

まだ誰も歩いていないキャンパス内のこの空間に一人、ちょっと贅沢な時空ですね。お掃除の職員さんが、優しく挨拶を交わしてくれます。

7e4b3020ce1143868e5c6c27696f0445

2021年10月28日 (木)

ライブ初日

空が高い、ただそれだけで小さな幸せをいただく朝。

昨日ライブ4daysの開幕となりました。

髙田雨草(水墨画家)の画廊と近所なので、髙田のコレクションであった昭和の名画を借り出し、このライブテーマ「昭和歌謡」に彩りを、、

 

絵の一部をコラージュ写真にしてみました。

いつもは墨絵のモノトーンを飾りますが、色合いがあるのも昭和歌謡と自作歌いへのモチベーションをあげてくれます。

Img_3601

それぞれのご意見、事情のある中での開催。狭い場所ですので、ワクチン接種済みの方を優先入場とさせていただきました。

ワクチンを接種しない選択もあるわけで、そういう方へは申し訳ないとは思いましたが、ライブを主催する以上、これもまた「ライブ再開、継続」としての判断でした。

また、私が県外からの移動者ということで、ワクチン接種を終えていようがいまいが、まだまだそこは細かな配慮は必要なのであろうという判断のもと、今回はお誘いもごくごく少なくなりました。SNSでのご案内をメインに普段お知らせを送る方でも、積極的にはお誘いをしておりません。ご了承ください。

主催する側になって気づくことは数多あります。

昨日もチェックシートを作成している途中で、人の行動を管理するような世情になった昨今に憂いを感じます。例えば、本日の体温は?なんてことを記入していただくなんて、医者でもあるまいし、把握の範囲とはいえ、、これが何を意味するのか。

ご来場が無理でもお返事をくださる方々、私自身これはもう見習ってもう少しマメに行動したいと学ばせてくれるそのお手紙や、メールや電話の激励など。

そして、歌ってみて弾いてみて初めてわかる自分の内面、それがどのように届くかを知る「生」の時間。お客様の感情、歴史、今。

さあ、今日は2日目。どんな景色が見えるだろう。

昨日のライブはすっかり忘れたい。だって毎朝生まれ変わる体。もう全部忘れてどっか別の場所へ飛ぶ、、それが4daysの音。

より以前の記事一覧