カテゴリー「出演情報」の90件の投稿

2020年4月15日 (水)

龍見寺で来夏に会いましょう!

F96b3edae56e42d582411f9f57ca8358

毎年、お寺コンサートにご来場くださる皆様、ありがとうございます。

今年はコロナウィルス感染防止を踏まえ、中止といたします。

無念。

チラシのデザインも決まり、この画像はその一部ですが、テーマ、ゲストとも決まり、選曲も早い段階で相談会もしていましたが、来年夏を目指して新たに取り組みます。

どうぞ、皆様、安全にお過ごしください。来夏は叶うように、祈るような気持ちですが、きっとまた笑顔で。

2020年4月 6日 (月)

気持ち新たに

感染拡大防止をふまえ、かたり寿歌公演は延期(日程未定)となりました。

北村想戯曲「寿歌Ⅳ」はマリンバと物語の饗演として伊丹と名古屋で公演し、あれから7年。今この世界の状況を見ればこの70年代に書かれた戯曲に示唆される、方位失った荒野、リヤカーに残された渇望、見えない存在との共存、セリフの中には謎も多いけど、まずこの作品に出逢えたということが私には大きな意味がありました。

さて、気持ち新たに。

皆さまお元気に、あ、運動不足には気をつけましょう。

今を乗り切る体力が必要ですね。(^^)

8e02b704c63949c8a143d2893358d54b

2020年3月26日 (木)

4月5月の公演について

ホームページに4月5月の公演情報を載せておりますが、いつも応援くださるお客様から、「今回はギリギリに決めますね」と言っていただけることやお知らせの郵送などが届かないけど、どうなっているの?やるの?という質問が届くと、ああ、関心を寄せてくださることに改めて感謝します。

私はサイトに公演情報を載せたまま、個人のお客様へのご案内は現在ストップしております。そして延期検討なども踏まえ、今は動きを取っておりません。公演関係者と状況を鑑み、どうするかを決める段階におります。

個人的な思いは、大事なお客様をこの期にお呼びする気持ちには全くなれないため、私はお誘いを今一切やめております。それでも演目に添える楽曲のアレンジ、練習を普段通りに、その先に実ることもふまえて、、

明確に決めてからこの投稿と思っておりましたが、時期が迫っていることもあり、質問もいただいたことで、こちらに現段階の状況をお伝えします。

それで、ただこんなお知らせだけでは苦しいので、この「寿歌」の戯曲の中に登場する楽曲について少しだけ。北村想戯曲には実はたくさんの名曲が登場します。

内容を読み進めると、このタイミングでこの歌がト書きに置かれる妙にまず唸ります。

♫ウナセラディ東京、ザ・ピーナッツの濃い女声2人の醸し出す世界。これ、いいですね。これは冒頭に奏でます。

♫夜のかげろう、泉谷しげるの曲。松尾和子に提供している曲です。これはストーリーにドンピシャというより、陰影です。

まずはこの2曲だけでも、なんなんだ!この戯曲は??ということになりますが、泉谷しげるの曲を聴いてみると、歌詞のデリカシーとあのルックスとのギャップに驚くばかり。と思いがち傾向にありますが、実はギャップはないのだと思います。いつだってあの個性的な爆発感満載の大スターの登場には新谷個人的な感触かもしれませんが、泉谷しげるの寂寥感に共感ばかりです。

寿歌はこんな時代を示唆していたのか1970年代に書かれています。現代では多くの劇団も上演している演目。

私自身がショックを受けた作品。これは上演したい、叶うならすぐにでも上演したいくらいのパッションを感じて取り組んています。

Img_0289

 

新谷祥子

2020年2月12日 (水)

語りとマリンバのフュージョン「かたり寿歌」

Furisode_ikebukuro_shichinohe_b_20200212185601

北村想戯曲「寿歌」を今度は講談という形式で、マリンバを添えます。以前共演した船戸香里さんが近年は一人語りという形式をとって「振り袖講談」の活動。東京は池袋の木星劇場、青森は七戸町音窓ARAYA(私のホーム)、ということでどちらも小さな会場ですが、演者、奏者をグググっと近くで、というのも魅力かなと思います。

2月15日からご予約受付です。私へのメールでも受け付けております。shokoaraya@icloud.com

Furisode_ikebukuro_shichinohe_f2

東京公演 4月20日、21日

青森七戸公演 5月9日、10日

どちらもご予約は2月15日より。

北村想「寿歌」この傑作をぜひ体験ください。私は弾き、歌います。

 

 

2019年10月31日 (木)

9日は予約受付終了です

来たるホームコンサート2019秋の会、11月9日、ご予約受付は終了しました。10日はあと数席となりました。

9日問い合わせが集中しており、今回初めてキャンセル待ちのお客様が複数という状況です。でもこのホームコンサートはあまりキャンセルも出ませんので、これからお申し込みの方は10日の方へお願いします。

夏は部屋を全部開けて、客席数を増やせるのですが、秋はすでに寒い時期ですため、お席数に限りあります。

ホームでの音の環境が少しづつ整ってきております。いや、まだまだ空間の設えには道半ばですが、なんたって普通の家の中でこと、くつろぎやすさ、少人数のよさ、窓からの光、会話とお茶とお菓子の時間も交えたコミュニケーション、こんな音楽の聴き方もいいね、と言っていただけるよう努力いたします。

 

2019年10月17日 (木)

秋のHOMEライブ

2019

SHOKO ARAYA SOLO LIVE〜秋のアルマンド バッハからシャンソンまで〜

音窓ARAYA (新谷祥子HOME アトリエ)

昨年の秋は伯母の画廊でギャラリーコンサートを行いました。あれから1年。思うこと、やってみたいこと、続けたいことを故郷のこのアトリエにて発信しております。大型のマリンバを設置しています。移動して訪問演奏などでは小型のものを持ち出してますが、大きなマリンバの響きをすぐ近くで聴いていただく試み、体にビンビンと振動を受けていただけるよう、プログラムもこの秋はバッハなど好きな曲を折り込みます。

このホームコンサートは3年前からお客様がたとえお一人だけでも実行する、という意思で始めました。実際にはすぐにお席が埋まりますが、県内、県外からもお越し下さるようになり、まさかの東京からのお客様も。秋の紅葉を楽しみにご旅行兼ねて、など、嬉しい計画を立ててくださいます。

毎回が初回の気分です。先日はたった2人だけのお客様のリクエストでミニコンサート。その時の椅子のまま写真に納めてみたら、この小さな場所でも継続する「時空間の意味」が少し見えてくるようにも思いました。リピーターも多いライブですが、気軽に中学生、高校生とかふらりやってきてくれたらな〜という希望もあり、今回から学生料金を加えました。

最後には秋の歌をみんなで歌おうというコーナーを設けます。お越し下さるお客様には小さな楽器持参でご参加も大歓迎とお伝えします。もちろん、目を閉じて聞くもいい、ちょっとだけ口ずさんでくれてもいい、眺めたっていい、、、

秋の茶菓子もお楽しみに〜〜〜❤️

 

2019年9月 6日 (金)

八戸でのパーカッションコンサートです。

Img_8402

八戸出身の鈴木和徳君、うーん、なかなか頼もしい人材です。多方面で活躍している若手です。

熱量高くなりそうなこのコンサート、私にもお声かけていただきました。曲も決まり、彼らとのセッションが楽しみです。

が、こちらのポスター、私には七戸町出身と書かれていても鈴木君てだーれ?という方々が多いので(鈴木君、自分のプロフィールはちょっとでも載せましょう。いくら八戸では超有名でもね。😁)

ということで彼から届いたプロフィールです。以下

青森県八戸市出身。
八戸工業大学付属
第二高等学校 卒業
洗足学園音楽大学 音楽学部 器楽専攻 打楽器 卒業
2004 槙原敬之~cELEBRATION Concert tour 2004
2005 ~同上 2005~にコーラス隊 エキストラパーカッションとして出演 兼 指導
2006 第57回紅白歌合戦にて『DREAMS COME TRUE』のサポートとしてマーチングスネアを担当
2010 International Percussion Festival in Seoul(IPFS)に参加
2011 Taiwan International Percussion Convention(TIPC)に参加
2017 日本テレビ『世界の果てまでイッテQ!』にドレミパイプの指導、出演
他にも学校公演を全国各地で年間100公演近く行っており、子供達の情操教育にも力を入れている。
また『糖質オフスタイル協会 認定インストラクター』の資格も有している。

 

コンサートの内容は選曲も楽しみの一つにしていただけそうです。私の出演部分に関しても彼の意向に合うものを選んでいます。たくさんのパーカッションに囲まれての演奏、この形式は自分も久々です。若手のパーカッショニストさんたちと一緒に頑張ります。✌💦⤴💦

チケット情報 八戸市内にお住みでない方には、新谷直接でもお受けいたします。shokoaraya@icloud.com

この場合は当日、受付ご精算という形です。ではでは、八戸にてお待ちしま〜〜す。

2019年7月11日 (木)

絵本と音の風景

Pastedgraphic1_20190711195301

前回の投稿の詳細です。

初翻訳をしたことから、思いがけない出会いが生まれております。絵本を愛する、そして絵本と子どもの場を増やしている素敵な大人たちと出会っています。その一つが8月10日に十和田市の交流センタートワーレで実現するコンサート。十和田市在住の絵本専門士木村明美さんが「こわす」「たてる」を読んでくれるという内容も含まれ、私自身が楽しみにしている夏の企画となりました。

この会場が隈研吾設計のトワーレという外観が木材の、シンプルしかしユニークな建築の中での「和室」なのです。光、遊び、モダンを取り入れた空間です。木材の外観からは、マリンバの木片も想起させる何か、素朴だけどちょっと大胆なアート構造。

50席のみですため、早くのご予約がおすすめです。お待ちしま〜〜す!

こちらがトワーレの外観。ちょっとマリンバ弾き には萌え空間。

Img_8506

2019年7月 8日 (月)

8月に十和田市トワーレ!

ダウンロード - e3839ee383aae383b3e3838fe38299e381a1e38289e38197e38080e383a1e383bce383abe78988e694b9e8a882.pdf

 

2019年6月13日 (木)

お船にはあと数席です。

早くからご予約くださいました方々、ありがとうございます。

お忘れなく、、6月29日のお寺ライブです。

夜の会はキャンセル待ちという賑わいにこの場所で音楽を楽しんでくださるかたが増えていることを嬉しく感じます。

昼の会はあと数席です。

Img_7919_1

より以前の記事一覧